1.   >  
  2.   >  

吾輩ブログ記事 一覧

  • 特別展の資料から 1
    現在開催中の特別展「漱石追慕のかたち―漱石、筆子、そして松岡譲」(11月25日まで)で展示中の資料をご紹介します。

     

    夏目漱石《ダリア図》

    夏目漱石《ダリア図》

    今回の特別展チラシの表紙を飾っている夏目漱石が描いた《ダリア図》。

    13.8×9.9㎝の小さな画用紙に描かれたもので、額に入っています。

    この絵について、漱石の長女・筆子がエピソードを書き残しています。(「父漱石」(漱石全集月報第18号 昭和4年8月 第18回配本付録)『漱石全集月報 昭和3年版 昭和10年版』(岩波書店)所収)

    筆子が小学校5~6年生の頃(明治43~44年頃)、子ども部屋で絵を描いている筆子に、「下手だなひとつ描いてやらうか」と描いてくれたのが、ダリアの絵だそうです。

    このことを書いた筆子の執筆メモも今回展示しています。

    漱石が娘のために描いた絵と、娘から見た漱石の思い出を記したメモが同じ会場で展示されています。是非ご覧下さい。

     

    ※松岡筆子「父漱石」は地下1階図書室でお読みいただけます(『漱石全集月報 昭和3年版 昭和10年版』)。

    テーマ:お知らせ    
  • 書籍の販売を開始します

     

     このたび書籍の販売を開始することになりました。

     新潮文庫、岩波文庫の夏目漱石の7作品

     (坊っちゃん・草枕・三四郎・それから・こころ・道草・硝子戸の中)を販売します。

     今後も取り扱い作品を増やしていく予定です。

     

    新潮文庫 坊っちゃん   草枕    三四郎    岩波文庫 こころ    道草     硝子戸の中

     

     館内展示を観覧後、「改めて漱石の作品が読みたくなった」との声も多くの方からいただきます。

     読書の秋に、漱石の本を読んでみませんか?

     

     

     

    テーマ:お知らせ    
  • 開館1周年を迎えました

    本日、924日、漱石山房記念館は開館1周年を迎えました。

     

    当館は、地下1階図書室の図書も含め、所蔵資料の多くは寄贈された資料です。また開館前から基金賛同者の方々のご協力もいただいております。

    多くの方々のご支援とご協力に心より感謝申し上げます。

    これら資料を活用しながら、これからも皆さまに親しまれる記念館を目指して努力していく所存です。

     

    現在、漱石山房記念館開館1周年 松岡・半藤家資料受贈記念特別展「漱石追慕のかたち―漱石、筆子、そして松岡譲」を開催しています。

    皆様のご来館をお待ちしています。

    テーマ:お知らせ    
  • 記念メダル、好評発売中です

     

    8月から販売を始めた記念メダルですが、ご来館のお客様から好評をいただいています。

     

    2種類のデザインで、各500円で販売しています。

      

     

    表の漱石の顔のイラストと

    漱石の肖像写真を比べてみると・・・

      

     

    いずれも、大正元年9月に撮影された写真です。

    左は千円札に使われた肖像写真、右は左腕に喪章をつけた漱石です。

     

    メダルのイラストはふんわりとしたデザインで、見ていると心が和む感じがします。

    ご来館の記念にいかがでしょうか?

     

     

     

     

    テーマ:お知らせ    
  • 正岡子規 -漱石を取り巻く人々-

    本日9月19日は、俳人・正岡子規の命日(へちま忌)です。

    今回は、漱石と子規が交流を始めた頃についてご紹介します。

     

    正岡子規(本名・常規) 俳人・歌人
    慶応3年(1867)9月17日(新暦10月14日)~明治35年(1902)9月19日

    伊予国温泉郡藤原新町(現在の愛媛県松山市)出身。

    帝国大学中退後、日本新聞社に入社。「獺祭書屋俳話」などの俳論を発表。明治28年(1895)、日清戦争の従軍記者となるが、病を得て、帰途松山の漱石の仮寓「愚陀佛庵」に52日間身を寄せた。『ホトトギス』や根岸短歌会を主宰。短歌・俳句の革新運動を推進し、写生文という表現スタイルを確立。没後、『竹の里歌』『仰臥漫録』『筆まかせ』などが刊行された。

     

    漱石と子規との親交は、ふたりが第一高等中学校本科に進学してしばらくしてから、明治22年(1889)1月頃より始まります。同年5月、子規は突然喀血し、病床にありながら50句ほどの俳句を作り、その際に中国の故事「鳴いて血を吐くほととぎす」から「ほととぎす」を意味する「子規」と号しました。

     

    同じ頃、子規は自作の文集「七艸集」(ななくさしゅう)を完成させ、友人に回覧していました。金之助は病床の子規を見舞い、「七艸集」に批評をつけて返却する際に初めて「漱石」の号を使用します。同い年の「金之助」と「常規」は、ほぼ同時期に自らを「漱石」「子規」と号したのでした。

     

    漱石山房記念館の通常展示では、正岡子規をはじめ、漱石に関係する人物51名を「漱石を取り巻く人々」としてパネルでご紹介しています。

    テーマ:お知らせ    
  • 漱石山房記念館切手と絵葉書セットを販売します

     

      当館のミュージアムショップでは、「漱石山房記念館開館記念切手シート」を販売中で、ご好評をいただいております。

     

      この度、新たに「漱石山房記念館切手と絵葉書セット」を販売開始いたします。

      新たなデザインの切手シートと、2枚の絵葉書がセットになっています。 セット価格は1500円(税込)です。

      今回は、再現書斎の大きな写真と、様々なデザインの62円切手5枚・82円切手5枚がシートになっています。

      

     

      絵葉書は、当記念館の外観写真が1枚、当館所蔵の「漢詩扇面軸(高梧能宿露 疎竹不蔵秋 静坐団蒲上 寥寥似在舟)」が1枚の計2枚がセットになっています。

       

     

      いずれも新宿区のオリジナル商品で、当館での限定販売です。

     ご来館の記念として、この切手と葉書で身近な方にお便りを書いてみてはいかがでしょうか?

    テーマ:お知らせ    
  • 9月13日は猫の命日

     当館所蔵の「猫の死亡通知」と称される葉書が松根東洋城(豊次郎)宛てに送られたのは 明治41(1908)年9月14日のことでした。

    松根東洋城は、俳人で愛媛県尋常中学校で漱石の教え子となり、俳句を通じて交流した人物です。

    葉書に墨で黒枠を作り、『吾輩は猫である』のモデルとなった猫が 「物置のヘツツイの上にて逝去致候」と伝えています。

    「埋葬の義は(中略)裏の庭先にて執行仕候。但主人「三四郎」執筆中につき御会葬には及び不申候」と いった文面に漱石のユーモアを感じます。

    東洋城のほか、小宮豊隆・鈴木三重吉・野上豊一郎にあてた計4通が知られています。

     この葉書が、9月21日(金)まで当館2階展示室で展示中です。ご来館ご観覧お待ちしております。

     

    夏目金之助(漱石) 松根豊次郎(東洋城)あて葉書

    明治41(1908)年9月14日付

     

    テーマ:お知らせ    
  • 9月21日までの所蔵資料公開

    《通常展》テーマ展示「夏目漱石」を知らないキミたちへが

    ご好評のうちに終了いたしました。

    9月22日(土)からは開館1周年記念の特別展を開催いたします。

    9月21日(金)までは次回展示準備のため展示室は少しせまくなりますが、

    以下のものを展示しております。

    ・夏目金之助 松根東洋城あてはがき(猫の死亡通知) 明治41年(1908)9月14日

      ※実物展示は9月14日から(9月11日~13日はレプリカ)

    ・『吾輩は猫である』初版本

    ・夏目金之助 立花銑三郎あて書簡 明治26年(1893)7月12日

      漱石が大学院生だった頃、学習院嘱託教授だった立花あてに出した書簡。学習院出講の周旋を依頼しています。

    ・夏目金之助 立花銑三郎あて書簡 明治26年(1893)8月15日

    ・夏目金之助肖像写真 明治27年(1894)4月

      夏目金之助が大学院生だった頃に立花銑三郎に贈ったもの

    立花銑三郎は帝国大学時代の学友で教育学・哲学研究者です。

    親しい友人だったらしく、手紙にはくだけた内容の近況も書かれています。

    是非ご覧ください。

     

              

        

     

    テーマ:お知らせ    
  • 新作のTシャツを販売いたします

     

    当館ミュージアムショップで販売中のTシャツ(自在株式会社製作)。

    「木曜会」のメンバーをビートルズ風のイラストで描いたもので、ご好評をいただいています。

     

     

    この度、新作のTシャツを販売いたします。

    こちらは、漱石山房原稿用紙をモチーフにしています。

    この原稿用紙は、橋口五葉によりデザインされた漱石のオリジナルの原稿用紙で、明治41年から亡くなるまで使用されていました。 この頃執筆していた朝日新聞小説欄が1行19字だったことから、この原稿用紙も1行19字で作られました。

    Tシャツはベージュの地に緑のプリント色で、原稿用紙の風合いを表現しています。

    SOSEKI SANBOU Tシャツ

    価格:3000円(税込)

    色:ベージュ サイズ:XS・S・M・L・XL

     

    ご来館の際は、ぜひお手にとってご覧ください!

    テーマ:お知らせ    
  • 記念メダルの販売を開始しました!

     

    当館ミュージアムショップにて、

    8月11日より、記念メダルの販売を開始しました!

    2種類のデザインがあり、各500円で販売しております。

     

    1つめのタイプは、表側が漱石の正面向きの肖像、裏が記念館の外観です。

    左:表側 右:裏側

     

    2つめのタイプは、表側が漱石の肘をついた肖像、裏が記念館の外観です。

    左:表側 右:裏側

     

    裏側は、漱石山房記念館の外観をもとにデザインされています。

     

     

    よく見ると、記念館の前にはバショウや猫も描かれています。

     

    このメダルは、当館でしか購入できない新宿区オリジナル商品です。

    ご来館の記念に、ぜひどうぞ。

     

    テーマ:お知らせ    
  • 《通常展》テーマ展示「「夏目漱石」を知らないキミたちへ」開催中!

    現在、当館では《通常展》テーマ展示「「夏目漱石」を知らないキミたちへ」を開催しています。

    「夏目漱石」を知らない人、夏目漱石の作品を読んだことがない人も大歓迎! 
    漱石の人生をイラスト等を用いて紹介するほか、子どもから大人まで親しまれている「吾輩は猫である」「坊っちゃん」の2作品の概要と関連資料を展示します。館内のブックカフェや図書室では児童用書籍も準備していますから、興味を持ったら是非作品を読んでみてください。

    今回は夏休み期間に重なることから、小中学生にもわかりやすく配慮しています。ワークシートを解きながら、楽しくご観覧ください。

    テーマ:お知らせ    
  • ラジオ収録

    本日、休館日の記念館にて、TOKYO FM の番組収録がありました。

    番組は「PANASONIC MELODIOUS LIBRARY パナソニック メロディアス ライブラリー」。

    毎週1冊「未来に残したい文学遺産」をその本の世界観にあった音楽とともに紹介するというもの。

    出演の作家・小川洋子さんと藤丸由華さんと一緒に、当館の半藤末利子名誉館長が2週にわたって出演し、夏目漱石『硝子戸の中』と半藤末利子『漱石の長襦袢』を取り上げます。

    放送日と内容は以下のとおりです。お楽しみに!

    7月1日(日)午前10時~10時30分:夏目漱石『硝子戸の中』

    7月8日(日)午前10時~10時30分:半藤末利子『漱石の長襦袢』

    放送局:TOKYO FM (80.0MHZ) JFN系全国38局ネット

    番組HP: http://www.tfm.co.jp/ml/index.html

     
    収録の様子         左から小川さん、半藤名誉館長、藤丸さん

    テーマ:お知らせ    
  • 《通常展》テーマ展示「漱石と新宿 神楽坂編」開催中!

    現在、当館では《通常展》テーマ展示「漱石と新宿 神楽坂編」を開催しています。

    今回は、夏目漱石とゆかりの深い新宿のなかでも神楽坂を取り上げています。

    当館のある早稲田南町からも程近い神楽坂は、漱石にとって、買い物、食事、寄席通いなど、日常生活のなかで親しんだまちでした。

    明治44年、漱石44歳の6月の日記にこのような記述があります。

     

    昨夕紀尾井町を散歩。帰りに牛込見附迄来て、西の空を見るとどす黒い雲が一面にひろがって、それが半円を描いて次第に薄くなつてゐる。中心の所は甚だ濃い、稲妻がさす。神楽坂へ来ると、人が駆け出す。手を出して見ると、雨が一二滴あたつた。植木屋露店悉(ことごと)く荷をしまひかける。寺町で早稲田返りの車にのる。(中略)うちへ〔行〕く坂の所から降り出す、家へ這入ると凄まじい雨が〔の〕音がし出した。
    漱石の日記より 明治44年(1911)6月14日

     

    「明治37年以前の神楽坂通り」(『新撰東京名所図会』より)

     

    黒い雲と稲妻がさした神楽坂から人力車に乗って、漱石が早稲田南町の「漱石山房」へ帰宅した途端、凄まじい雨が降り出しました。間一髪の初夏のある日の出来事でした。

     

    まもなく関東も入梅をむかえます。突然の雷雨は困り者ですが、雨の神楽坂もしっとりとした風情がありますね。
    ぜひ周辺の散策とあわせてお立ち寄りください。
    皆さまのお越しをお待ちしております!

     

    《通常展》テーマ展示「漱石と新宿 神楽坂編」

    会期:5月29日(火)~7月16日(月・祝)

     

    テーマ:お知らせ    
  • 4万人目のお客様をお迎えしました

    本日、有料観覧4万人目のお客様をお迎えしました。

    4万人目の来館者となったのは、和歌山県からお越しの慈幸(じこう)さん。

    慈幸さんには、小澤主任(写真左)よりささやかな記念品をお贈りしました。

    多くのお客様にお越しいただき、ありがとうございます。

    今後も皆様に親しまれると共に、魅力的な記念館にするよう運営してまいります。

    どうぞよろしくお願いいたします。

     

    テーマ:お知らせ    
  • 子規・漱石ほか この時代を築いた人々

    現在、明治150年 芸術文化維新展~子規・漱石ほか この時代を築いた人々~を開催しています。

    ロンドン留学中の漱石が正岡子規に宛てた絵はがきや、子規直筆の短歌や俳句などの貴重な文学資料のほか、

    明治150年に関連した歴史資料で、関東初公開資料もたくさんあります。

    会期は5月25日(金)~27日(日)の3日間限定です。

    皆様のご来館をお待ちしています!

     

    出品目録PDF

    テーマ:お知らせ    
  • 虞美人草の花が咲いています

    漱石が朝日新聞社に入社後、初めて紙上で連載された作品「虞美人草」。
    (明治40年(1907)6月23日から10月29日まで朝日新聞に連載されました)

    漱石山房記念館の裏手(漱石公園側)には花壇があり、漱石の記述や作品に由来する植物が植えられています。

    最近、虞美人草(ヒナゲシの別名)の花が咲き始めました。

       

    漱石はこの植物の名を小説の題名にした理由について、以下のように書いています。

    昨夜豊隆子と森川町を散歩して草花を二鉢買つた。植木屋に何と云ふ花かと聞いて見たら虞美人草だと云ふ。折柄(おりから)小説の題に窮して、予告の時期に後れるのを気の毒に思つて居つたので、好加減(いいかげん)ながら、つい花の名を拝借して巻頭に冠(かぶ)らす事にした。
     純白と深紅(しんく)と濃き紫のかたまりが逝(ゆ)く春の宵の灯影(ほかげ)に、幾重の花弁(はなびら)を皺苦茶(しわくちゃ)に畳んで、乱れながらに、鋸(のこぎり)を欺(あざむ)く粗き葉の尽くる頭(かしら)に、重きに過ぐる朶々(だだ)の冠を擡(もた)ぐる風情は、艶(えん)とは云へ、一種、妖冶(ようや)な感じがある。余の小説が此花と同じ趣を具(そな)ふるかは、作り上げて見なければ余と雖(いえど)も判じがたい。
     社では予告が必要だと云ふ。予告には題が必要である。題には虞美人草が必要で―はないかも知れぬが、一寸(ちょっと)重宝であった。聊(いささ)か虞美人草の由来を述べて、虞美人草の製作に取りかゝる。
    (明治40年5月28日 東京朝日新聞 「虞美人草」予告)

     

     

     

     

     

    漱石が小説の題名に選び、“艶とはいえ、一種妖冶(=なまめかしく美しいこと。妖艶。)な感じ
    ”と表現したこの花、是非実物を見にいらしてください!

    テーマ:お知らせ    
  • バショウ成長中!

    夏目漱石が暮らした「漱石山房」を象徴する植物といえば、芭蕉(バショウ)が代表的です。

    大正5年12月の「漱石山房」
    前庭に大きな芭蕉があり、周りには一面の木賊(トクサ)が。

     

    漱石自身が描いたり、芥川龍之介などの門下生も「漱石山房」の芭蕉の様子を書き残しています。
    中国原産といわれる芭蕉は、高さ2~3mで大きな葉が特徴。
    英名では「ジャパニーズ・バナナ」と言うように、バナナの仲間です。
    俳人・松尾芭蕉の俳号も、この植物からとったそうですよ。

     

    「漱石山房」の植木は、みな漱石の手により入れられたもので、芭蕉もそのひとつでした。
    漱石は日記でしばしば庭の芭蕉について触れています。


    当館の芭蕉も、漱石が植栽した位置にあわせて、玄関横・客間前の前庭に植えています(・・・残念ながら、漱石が植えた芭蕉ではありません)。
    剪定のため根もとから切り落としたのですが、暖かくなってきて、いっきに成長しています。

    3月25日、切り落とした根もとから新しい芭蕉の姿が・・・!

     


    3月29日、お日様をたっぷり浴びて大きくなります。

     

    4月7日、「芭蕉伸びる事三尺」漱石がこう日記で触れているように、ぐんぐん大きくなっています。

     

    これから初夏にむけて、大きな葉を繁らせてくれるのが楽しみです!

    テーマ:お知らせ    
  • ぐるっとパスの販売を開始します

     

    美術館や博物館をよく利用される方は、目にされたことがあるかもしれませんが、

    「東京・ミュージアムぐるっとパス」をご存知ですか?

     

    東京を中心とする美術館・博物館・動物園等の入場券や割引券が一冊になった

    お得なチケットブックです。

    2018年4月より当館も参加いたします。チケットのご利用で、観覧が1回無料となります。

    4月1日(日)より、当館1階受付で2200円で販売いたします。

     

    この一冊で、東京を中心とする 92の美術館・博物館等を楽しめます。

    この機会に色々な施設を訪れてみてはいかがでしょうか?

    「ぐるっとパス」については、下記ホームページをご覧ください。

    https://www.rekibun.or.jp/grutto/

     

     

     

    テーマ:お知らせ    
  • 案内看板が設置されました

    最寄駅の一つである東西線・早稲田駅から漱石山房記念館までの道に、案内看板が設置されました。

     

    早稲田駅の1番出口を出ると、目の前に白い看板が見えます。

    (2番出口付近にも新しい表示があります)

    記念館へは、右手にある横断歩道を渡ってください。

     

    左手に早稲田公園(こちらにも看板が設置されています)を見ながら、

    漱石山房通りをしばらく歩くと、右手に早稲田小学校が見えてきます。

    学校の前にも茶色の看板があります。ネコも応援しています。記念館まではあと少しです。

     

    漱石山房記念館の正面入口です。こちらにも看板が設置されました。

    これらの看板を目印に、ぜひご来館ください。

     

     

     

    テーマ:お知らせ    
  • 新テーマ展示がスタートしました!

    東京都心では平年より早くソメイヨシノの開花が発表され、当館に隣接する新宿区立漱石公園の桜も、まもなく開花しそうな気配です。

     

    本日、3月17日から《通常展》テーマ展示「『漱石山房』から漱石山房記念館へ」スタートしました。

     

    夏目漱石が晩年を過ごし、「こゝろ」などの名作を執筆した早稲田南町の家「漱石山房」。

    その誕生から、漱石が家族や門下生たちとともに過ごした時代のこと、漱石の没後「漱石山房」はどのような経緯をたどったのか・・・漱石や門下生などの資料を展示して、わかりやすく紹介しています。

     

    本テーマ展示の詳細については、こちらの「お知らせ」をご覧ください。

     

    当館入口に設置したテーマ展示の立て看板が、まずは皆さまをお迎えします!

    5月20日(日)まで開催しています。

    皆さまのご来館をお待ちしています。

     

     

    テーマ:お知らせ    
TOP