1.   >  
  2.   >  

吾輩ブログ記事 一覧

  • 建設レポート(漱石山房の再現)

     漱石山房記念館の目玉、「漱石山房」の再現作業が進行中です。

     写真は山梨県の美術制作工場での仮組み立て作業視察の様子です。監修者の先生方を中心に関係者が集まり、再現の精度や構造、エイジング加工の程度等について検討していただきました。

     

      

     

        ベランダ式回廊を内側から見ると、漱石の暮らしに一層思いを馳せることができますね。

        

     

        今後も建具や瓦、塗装、エイジングの程度等、精巧な再現を目指していきます。

    テーマ:建設レポート    
  • 建設レポート(現在の様子)

     開館日も決まり、竣工まで残すところ半年余りです。建物の高さがハッキリわかるようになってきました。

     

      漱石公園に咲く白梅が青空に映えます。

     

    テーマ:建設レポート    
  • 建設レポート(現在の様子)

     寒空の下、新宿区立漱石山房記念館の建設は着々と進み、囲いの外からでも建物の様子がわかるようになってきました。

     

    テーマ:建設レポート    
  • 建設レポート(現在の様子)

     (仮称)「漱石山房」記念館の建設予定地では、炎天のもとで躯体工事が着々と進み、地下1階の床面が姿を現しました。

     「壁配筋(かべはいきん)」という傘の柄のようなものの並びから、できあがる建物の壁の位置もわかります。

    諸室の配置はこちらをご覧ください。→ フロアガイド

    テーマ:建設レポート    
  • 建設レポート(現在の様子)

     (仮称)「漱石山房」記念館の建設予定地では、現場事務所の設営が始まっています。

     

     仮囲いのクリアパネルから覗いて見ると、ナガミヒナゲシが風にそよいでいました。

     

     

    テーマ:建設レポート    
  • 建設レポート(建設予定地)

    建設予定地の仮囲いの中を覗いてみると、更地(土)になっています。(中に入ることはできません。)4月には建設工事に着手する予定です。

    また隣接する区立漱石公園には梅やスイセンの花がきれいに咲いています。

      

    テーマ:建設レポート    
  • 建設レポート(現在の様子)

    (仮称)「漱石山房」記念館の建設予定地の現在の様子です。既存建物(区営住宅)の解体が済み、安全のため鉄板で仮囲いをしています。仮囲いの所々にクリアパネルが設置されているので、中の様子を覗くことができます。

    テーマ:建設レポート    
TOP