1.   >  

吾輩ブログ記事 一覧

  • 子規・漱石ほか この時代を築いた人々

    現在、明治150年 芸術文化維新展~子規・漱石ほか この時代を築いた人々~を開催しています。

    ロンドン留学中の漱石が正岡子規に宛てた絵はがきや、子規直筆の短歌や俳句などの貴重な文学資料のほか、

    明治150年に関連した歴史資料で、関東初公開資料もたくさんあります。

    会期は5月25日(金)~27日(日)の3日間限定です。

    皆様のご来館をお待ちしています!

     

    出品目録PDF

    テーマ:お知らせ    
  • 音声ガイドあります。

    当館では、音声ガイドの貸出を実施しています。

    対応言語は日本語、英語、中国語、韓国語の4種類。

     

    記念館受付で貸出をしています。
    受付でお申出いただくと、写真(右)の音声ガイドをお貸ししますので、館内でこの機器を耳にあてて聞く方式です。

    館内の展示で音声ガイドの番号表示がある場所、20箇所の解説を聞くことができます。

    音声ガイド解説場所

     

    音声ガイドの解説がある場所には上記(左)の番号が付いています。番号を押すと、解説が聞こえてきます。

    20箇所全てを聞いたとして、所要時間は約30分。使用後は受付にご返却ください。

    音声ガイド利用料はなんと無料です!

    受付でお気軽にお声掛けください。

     

     

    テーマ:その他    
  • 虞美人草の花が咲いています

    漱石が朝日新聞社に入社後、初めて紙上で連載された作品「虞美人草」。
    (明治40年(1907)6月23日から10月29日まで朝日新聞に連載されました)

    漱石山房記念館の裏手(漱石公園側)には花壇があり、漱石の記述や作品に由来する植物が植えられています。

    最近、虞美人草(ヒナゲシの別名)の花が咲き始めました。

       

    漱石はこの植物の名を小説の題名にした理由について、以下のように書いています。

    昨夜豊隆子と森川町を散歩して草花を二鉢買つた。植木屋に何と云ふ花かと聞いて見たら虞美人草だと云ふ。折柄(おりから)小説の題に窮して、予告の時期に後れるのを気の毒に思つて居つたので、好加減(いいかげん)ながら、つい花の名を拝借して巻頭に冠(かぶ)らす事にした。
     純白と深紅(しんく)と濃き紫のかたまりが逝(ゆ)く春の宵の灯影(ほかげ)に、幾重の花弁(はなびら)を皺苦茶(しわくちゃ)に畳んで、乱れながらに、鋸(のこぎり)を欺(あざむ)く粗き葉の尽くる頭(かしら)に、重きに過ぐる朶々(だだ)の冠を擡(もた)ぐる風情は、艶(えん)とは云へ、一種、妖冶(ようや)な感じがある。余の小説が此花と同じ趣を具(そな)ふるかは、作り上げて見なければ余と雖(いえど)も判じがたい。
     社では予告が必要だと云ふ。予告には題が必要である。題には虞美人草が必要で―はないかも知れぬが、一寸(ちょっと)重宝であった。聊(いささ)か虞美人草の由来を述べて、虞美人草の製作に取りかゝる。
    (明治40年5月28日 東京朝日新聞 「虞美人草」予告)

     

     

     

     

     

    漱石が小説の題名に選び、“艶とはいえ、一種妖冶(=なまめかしく美しいこと。妖艶。)な感じ
    ”と表現したこの花、是非実物を見にいらしてください!

    テーマ:お知らせ    
  • バショウ成長中!

    夏目漱石が暮らした「漱石山房」を象徴する植物といえば、芭蕉(バショウ)が代表的です。

    大正5年12月の「漱石山房」
    前庭に大きな芭蕉があり、周りには一面の木賊(トクサ)が。

     

    漱石自身が描いたり、芥川龍之介などの門下生も「漱石山房」の芭蕉の様子を書き残しています。
    中国原産といわれる芭蕉は、高さ2~3mで大きな葉が特徴。
    英名では「ジャパニーズ・バナナ」と言うように、バナナの仲間です。
    俳人・松尾芭蕉の俳号も、この植物からとったそうですよ。

     

    「漱石山房」の植木は、みな漱石の手により入れられたもので、芭蕉もそのひとつでした。
    漱石は日記でしばしば庭の芭蕉について触れています。


    当館の芭蕉も、漱石が植栽した位置にあわせて、玄関横・客間前の前庭に植えています(・・・残念ながら、漱石が植えた芭蕉ではありません)。
    剪定のため根もとから切り落としたのですが、暖かくなってきて、いっきに成長しています。

    3月25日、切り落とした根もとから新しい芭蕉の姿が・・・!

     


    3月29日、お日様をたっぷり浴びて大きくなります。

     

    4月7日、「芭蕉伸びる事三尺」漱石がこう日記で触れているように、ぐんぐん大きくなっています。

     

    これから初夏にむけて、大きな葉を繁らせてくれるのが楽しみです!

    テーマ:お知らせ    
  • ぐるっとパスの販売を開始します

     

    美術館や博物館をよく利用される方は、目にされたことがあるかもしれませんが、

    「東京・ミュージアムぐるっとパス」をご存知ですか?

     

    東京を中心とする美術館・博物館・動物園等の入場券や割引券が一冊になった

    お得なチケットブックです。

    2018年4月より当館も参加いたします。チケットのご利用で、観覧が1回無料となります。

    4月1日(日)より、当館1階受付で2200円で販売いたします。

     

    この一冊で、東京を中心とする 92の美術館・博物館等を楽しめます。

    この機会に色々な施設を訪れてみてはいかがでしょうか?

    「ぐるっとパス」については、下記ホームページをご覧ください。

    https://www.rekibun.or.jp/grutto/

     

     

     

    テーマ:お知らせ    
  • 案内看板が設置されました

    最寄駅の一つである東西線・早稲田駅から漱石山房記念館までの道に、案内看板が設置されました。

     

    早稲田駅の1番出口を出ると、目の前に白い看板が見えます。

    (2番出口付近にも新しい表示があります)

    記念館へは、右手にある横断歩道を渡ってください。

     

    左手に早稲田公園(こちらにも看板が設置されています)を見ながら、

    漱石山房通りをしばらく歩くと、右手に早稲田小学校が見えてきます。

    学校の前にも茶色の看板があります。ネコも応援しています。記念館まではあと少しです。

     

    漱石山房記念館の正面入口です。こちらにも看板が設置されました。

    これらの看板を目印に、ぜひご来館ください。

     

     

     

    テーマ:お知らせ    
  • 桜が咲き始めました

    漱石山房記念館に隣接する漱石公園の桜が咲き始めました。

    当館の近くでは、江戸川橋のあたりの神田川流域が桜の名所です。

    江戸川(現・神田川)は、明治17年(1884)に初めて桜が植えられたといわれ、明治末期には桜の名所として多く花見客で賑わいました。

    漱石も娘たちを連れて花見に訪れていることが日記からわかります。

    現在開催中のテーマ展示「「漱石山房」から漱石山房記念館へ」では、明治末期の江戸川の桜の絵はがきと、当時の漱石の日記の言葉を紹介しています。

    漱石も見たであろう当時の光景を、絵はがきを通じてご覧いただけます。

    是非見にいらしてください。

     

    テーマ:その他    
  • 新テーマ展示がスタートしました!

    東京都心では平年より早くソメイヨシノの開花が発表され、当館に隣接する新宿区立漱石公園の桜も、まもなく開花しそうな気配です。

     

    本日、3月17日から《通常展》テーマ展示「『漱石山房』から漱石山房記念館へ」スタートしました。

     

    夏目漱石が晩年を過ごし、「こゝろ」などの名作を執筆した早稲田南町の家「漱石山房」。

    その誕生から、漱石が家族や門下生たちとともに過ごした時代のこと、漱石の没後「漱石山房」はどのような経緯をたどったのか・・・漱石や門下生などの資料を展示して、わかりやすく紹介しています。

     

    本テーマ展示の詳細については、こちらの「お知らせ」をご覧ください。

     

    当館入口に設置したテーマ展示の立て看板が、まずは皆さまをお迎えします!

    5月20日(日)まで開催しています。

    皆さまのご来館をお待ちしています。

     

     

    テーマ:お知らせ    
  • 「春の投扇興」を実施しました

    本日は当館講座室にて、新宿未来創造財団主催、神楽坂投扇興の会の協力の下、

    「春の投扇興」が開催されました。

    投扇興は、扇を投げて的に当て、その落ち方で点数を競う“お座敷遊び”です。

    江戸時代の安永年間(1772~80)に考案されました。

    江戸の人々の見立ての文化、雅な遊び心が息づく「投扇興」を、神楽坂でその継承にあたっている

    「神楽坂投扇興の会」の模擬演技とともに体験しました。

     

    ちなみに「扇を投げる」といえば、漱石作品の中の「彼岸過迄」において、

    隅田川で銀扇を投げて水に流すという舟遊びの情景が描かれています。

    「野分」にも同様の遊びについて述べている場面があります。

     

    テーマ:その他    
  • 耳で楽しむ漱石作品

    3月に入り、ようやく春めいてまいりました。

    来る3月3日(土)には、当館地下1階講座室で「ひなまつり朗読会 まるごと漱石」が開催されます。

    漱石山房で生まれた作品を、朗読でお楽しみください。

    第1部 11:00~12:00「硝子戸の中」(抜粋)、「火鉢」、「猫の墓」、「三四郎」(抜粋)
    第2部 13:00~14:30「夢十夜」 第一夜から第十夜まで全話

    【朗読】新宿歴史博物館ガイドボランティア朗読の会「ふみのしおり」

    申込不要。直接漱石山房記念館地下1階の講座室にお越しください。※入場無料

     

    また、3月17日(土)には「春の投扇興(とうせんきょう)」を開催。只今お申込み受付中です。

    詳細はこちらから→ 「春の投扇興」

     

    テーマ:イベント    
  • 来館者数が3万人を突破しました!

     

    漱石山房記念館の来館者数(有料観覧者)が3万人を突破しました。

    本日3万人目の来館者となったのは、埼玉県からお越しの松野さん。

    松野さんには、鈴木館長(写真左)よりささやかな記念品をお贈りしました。

    ご一緒に来館されたみなさまも大変喜ばれているご様子で、当館としても嬉しく思いました。

    あと1週間で開館5ヶ月を迎えるというところで、3万人に達することができました。

    多くのお客様にお越しいただき、ありがとうございました。

     

    今後も皆様に親しまれると共に、魅力的な記念館にするよう運営してまいります。

    どうぞよろしくお願いいたします。

     

    テーマ:お知らせ    
  • ギャラリートークのご案内

    現在開催中の開館記念所蔵資料展ー第2期ーでは、隔週土曜日にギャラリートークを開催しています。
    展示を担当した学芸員が、展示資料に関するエピソードなどをお話しします。
    残る開催日は2月24日(土)と3月10日(土)。14時から約20分間です。
    申込み不要で、当日直接2階展示室にお越しください。(観覧券が必要です)

    テーマ:お知らせ    
  • 151回目の誕生日(「夏目漱石誕生の地」)

    夏目漱石は旧暦(太陰暦)慶応3(1867)15日生まれ。

    平成30(2018)29日は、新暦に換算すると漱石151回目の誕生日にあたります。

     

    漱石は、江戸牛込の馬場下横町(現在の新宿区喜久井町)で、「人の末子」として生まれました(※ほかに異母姉がふたりいました)

    庚申の日の申の刻に生まれた漱石は、「ひとつ間違えると大泥棒になる、ただし名前に金か金偏の字をつければ難を逃れる」という迷信から「金之助」と名づけられました。

     

    「夏目漱石誕生の地」(新宿区喜久井町1/新宿区指定史跡)は、当館から程近い場所に位置し、漱石の父・直克が名づけた夏目坂を少しあがったところには碑が建てられています。

    黒御影石の碑は、昭和41(1966)に漱石生誕100年を記念して新宿区が建てたもので、「夏目漱石誕生之地」の書は門下生・安倍能成の揮毫によるものです。哲学者・教育家となる安倍は、第一高等学校で漱石の教えを受け、木曜会にも出入りするようになります。漱石とは16の年齢差がありましたが、遠慮のない関係を持った門下生のひとりでした。第一高等学校長を務め、戦後は文部大臣や学習院院長などを歴任し、この碑が建てられた昭和41年、83歳の生涯をとじました。

     

    安倍の揮毫による「夏目漱石誕生之地」の墨書軸を、当館2階展示室にて開催中の「開館記念所蔵資料展 第2期」で311()まで展示しています。

     

     

    「夏目漱石誕生の地」(新宿区指定史跡)

    所在地:新宿区喜久井町1

    東京メトロ早稲田駅(2番出口)からすぐの場所です。

     

    テーマ:お知らせ    
  • 山陽女子中・高生が描く「『明暗』 その後」

     

    山陽女子中・高生が描く「『明暗』 その後」

    岡山市の山陽女子中学校・高等学校図書委員のみなさんから渾身の力作を頂きました。

    その名は「『明暗』 その後」。

     同校では漱石生誕150年を記念し、昨年11月、「漱石の部屋」展を開催しました。

     開催にあたって、漱石ゆかりの松山市で研修を行うとともに、

     漱石に関する壁新聞や「漱石山房」の模型を作成し、漱石への理解を深めたそうです。

     同校図書委員のみなさんは、さらに漱石未完の小説「明暗」の続編を3編執筆し、

     これまでの学習成果とともに「『明暗』 その後」として冊子にまとめました。

     執筆の際には、「明暗」を丹念に読み込み、

     タイトルに込められた意味や登場人物の性格などを話し合い、

     漱石ならどんな結末を描いただろうかと想像を巡らせながら真摯に取り組んだそうです。

     

    「『明暗』 その後」は、今後図書室にて公開する予定です。

     山陽女子中学校・高等学校のみなさん、当館にもいつかお越しくださいね。

     

    テーマ:お知らせ    
  • 漱石山房 雪景色

     

    開館以来、初めて雪が積もりました。

    みなさん、お怪我等はございませんでしたか。

     

    漱石と雪…。

    漱石は明治40年、雪に関して次の句を詠んでいます。

    たゝむ傘に雪の重みや湯屋の門

     

    他にも漱石作品には、春夏秋冬、さまざまな景色が描かれています。

    ぜひ当館で、漱石作品に描かれた春夏秋冬を味わってみてはいかかでしょうか。

    外は雪景色ですが、陽光差し込むブックカフェでの読書もおすすめです。

     

     

     

     

    テーマ:その他    
  • 漱石コンクール/受賞作品展示中(新宿区役所)

     漱石山房記念館での展示に続き、平成29年度新宿区夏目漱石コンクール絵画部門の受賞作品を、新宿区役所第一分庁舎1階ロビーにて1月19日(金)まで展示しています。

     「あなたが見た夢、見たい夢」をテーマにした想像力豊かな夢の世界に、ぜひお立ち寄りください。

     

     

    ※平成29年度受賞作品はこちら

     https://www.city.shinjuku.lg.jp/kanko/bunka02_002320.html

    テーマ:お知らせ    
  • 世界で読まれる漱石作品

     

    世界で読まれる漱石作品

    漱石作品は、世界各国、各地域の言語やエスペラントに翻訳され、広く読まれています。

    当館では、開館以来、ミャンマー語版「坊っちゃん」、スリランカ語版「こゝろ」のほか、

    韓国・玄岩社より「吾輩は猫である」、「坊っちゃん」をはじめとするハングル版長編作品集を寄贈して頂きました。

     

     

     

    ご寄贈していただいた方々、どうもありがとうございました。

    これらの本は、地下1階図書室でご覧いただく予定です。

     

    テーマ:お知らせ    
  • 漱石絵画コンクール29年度入賞作品展示中

    現在、地下1階多目的室では、29年度新宿区漱石絵画コンクール「あなたの見た夢、見たい夢を描いてみよう!」
    入賞作品を展示中です。

    素敵な作品がたくさんあります。多目的室は観覧無料ですので、是非見にいらしてください。
    平成30年1月8日(月・祝)まで展示しています。

     

    12月10日に開催された優秀表彰式に駆けつけたくまモンも、力作に釘付け!


    熊本県主催の竹あかりライトアップも開催中です。こちらは12月27日(水)までです。

    テーマ:お知らせ    
  • 来館者数が2万人を突破しました!

    漱石山房記念館の来館者数(有料観覧者)が2万人を突破しました。

    本日2万人目の来館者となったのは東京都からいらっしゃった日渓さん。

    日渓さんにはささやかな記念品をお贈りしました

    あと1日で12月というところで今月の目標だった2万人を達成することができました。

    多くのお客様にお越しいただき、ありがとうございました。

    来月5日には開館記念の区所蔵資料展示の第2期が始まります。

    楽しみにお待ちください。

    テーマ:お知らせ    
  • 来館者数が1万8,000人を突破しました!

    漱石山房記念館の来館者数(有料観覧者)が1万8,000人を突破しました。

    本日1万8,000人目の来館者となったのは東京都からお越しの笠井さん。

    笠井さんにはささやかな記念品をお贈りしました。

    開館からおよそ2ヶ月。

    1万人以降、2,000人ごとに記念のブログも書いておりますが、だいたい1週間ごとに更新できていることに感謝です。

    ただ、今は新設の記念館として多くの方に関心を持っていただけているということもあると思います。

    それなので、これからも新しい取り組みを続け、話題の記念館となれるよう工夫してまいります。

    どうぞよろしくお願いいたします。

    テーマ:お知らせ    
TOP