1.   >  

吾輩ブログ記事

  • 漱石公園 全面休園のお知らせ

     先日吾輩ブログにて予告しました漱石公園の閉鎖期間が、平成29年3月6日(月)~9月23日(土)(予定)に決まりました。

     近隣の皆さまや漱石ファンの皆さまにはご不便をおかけしますが、何卒ご理解・ご協力お願い致します。

     

                                  

                                       大正5年12月の漱石山房(『漱石寫眞帖』より)

    テーマ:お知らせ    2017年02月27日
  • 寄付金額が1億円を超えました

     本記念館整備にあたり、現在までに全国の皆さまからいただいたご寄付が、1億円に達しました。ご寄付を賜りました人数も2,000名を超えました。

     ご厚志をお寄せいただいた皆さまに心より感謝申し上げます。引き続き温かいご支援・ご協力をお願いいたします。

     

     ❀10万円以上のご寄付で、館内に設置する銘鈑に記名させていただきます。

     

        

    テーマ:基金    2017年02月23日
  • 建設レポート(漱石山房の再現)

     漱石山房記念館の目玉、「漱石山房」の再現作業が進行中です。

     写真は山梨県の美術制作工場での仮組み立て作業視察の様子です。監修者の先生方を中心に関係者が集まり、再現の精度や構造、エイジング加工の程度等について検討していただきました。

     

      

     

        ベランダ式回廊を内側から見ると、漱石の暮らしに一層思いを馳せることができますね。

        

     

        今後も建具や瓦、塗装、エイジングの程度等、精巧な再現を目指していきます。

    テーマ:建設レポート    2017年02月15日
  • 生誕150年 正岡子規展(県立神奈川近代文学館)

     県立神奈川近代文学館にて、3月25日(土)より特別展「生誕150年 正岡子規展――病牀六尺の宇宙」が開催されます。親友・夏目漱石をはじめとする多くの文学者たちとの交流も紹介されます。

     

       

     

       詳細は下記をご覧ください。

     【イベント一覧】

     http://soseki-museum.jp/modules/event

     【県立神奈川近代文学館ホームページ】

     http://www.kanabun.or.jp/exhibition/5643/

     

    テーマ:イベント    2017年02月10日
  • Happy Birthday 漱石先生

     2月9日は、新暦で夏目漱石150回目の誕生日にあたります。

     漱石について記した図書や記事、テレビ番組などでも2月9日を誕生日として紹介する例をよくみかけます。しかし、漱石が生まれた時代に使用されていた旧暦(太陰暦)では、慶応3年1月5日生まれということになります。

     明治政府は、江戸時代まで使用していた太陰暦(旧暦)を西欧諸国と同じ太陽暦(新暦)に改めることとし、明治5年(1872)12月3日をもって新暦の明治6年1月1日としました。このため、漱石のように改暦前に生まれた人の誕生日は、旧暦と新暦では異なるということになります。

     漱石の誕生日は、新暦では2月9日、旧暦では1月5日。新暦と旧暦を正しく付記すればどちらも間違いとはいえません。「慶応3年1月5日(新暦の1867年2月9日)生まれ」と記すのが最も正確でしょう。

     当然のことながら、漱石自身は1月生まれ、正月生まれという意識を持っており、本人の記述などでもそのことが確認できます。

     

     写真は5、6歳頃、鎧を着た漱石の姿です。

                                           

                                                                      『漱石寫眞帖』より

    テーマ:その他    2017年02月09日
  • 漱石イベントのご案内(寺田寅彦、鳥居素川、野上弥生子… 漱石に宛てた絵はがき)

     熊本日日新聞社内にあります新聞博物館にて、1月28日(土)より企画展「寺田寅彦、鳥居素川、野上弥生子… 漱石に宛てた絵はがき」が開催中です。留学の報告から「猫」の感想まで、漱石をめぐる人脈が語りだす、九州初公開の展示です。

     

                                             

     

     詳細は下記をご覧ください。

     【イベント一覧】

     http://soseki-museum.jp/modules/event

     【新聞博物館ホームページ】

     https://kumanichi.com/museum/event/

    テーマ:イベント    2017年02月09日
TOP