1.   >  

吾輩ブログ記事

  • 《通常展》テーマ展示「「夏目漱石」を知らないキミたちへ」開催中!

    現在、当館では《通常展》テーマ展示「「夏目漱石」を知らないキミたちへ」を開催しています。

    「夏目漱石」を知らない人、夏目漱石の作品を読んだことがない人も大歓迎! 
    漱石の人生をイラスト等を用いて紹介するほか、子どもから大人まで親しまれている「吾輩は猫である」「坊っちゃん」の2作品の概要と関連資料を展示します。館内のブックカフェや図書室では児童用書籍も準備していますから、興味を持ったら是非作品を読んでみてください。

    今回は夏休み期間に重なることから、小中学生にもわかりやすく配慮しています。ワークシートを解きながら、楽しくご観覧ください。

    テーマ:お知らせ    2018年07月25日
  • 図書室についてご紹介します

     

    漱石山房記念館の地下1階には図書室があり、自由に閲覧することができます(貸出は行っておりません)。

     

     

    夏目漱石の全集をはじめ、関係者が漱石について書いた本も多数所蔵しています。

    現在、約3500冊の図書や雑誌を配架しておりますが、このほとんどが皆様より寄贈していただいたものです。

     

     

    これらの図書は、新宿区の図書検索システムで検索ができるようになっております。

    新宿区立図書館蔵書検索 

    https://www.library.shinjuku.tokyo.jp/WebOpac/webopac/selectsearch.do?searchkbn=2&histnum=1

    館内に検索用のパソコンがあり、その場で検索していただくこともできます。

     

    図書室内にはコピー機も設置しています(著作権法第31条の範囲内で複写が可能)。

    ・白黒コピー (B5,A4,B4,A3  10円/1枚)

    ・カラーコピー (B5,A4,B4  50円/1枚、A3  80円/1枚)

     

    出版年の古い図書なども、お手にとって自由にご覧いただけます。

      左:文學讀本 秋冬の巻(昭和11年発行) 右:思ひ出す事など(昭和23年発行)

     

    また、漱石の作品の外国語版などを8言語・71冊所蔵しています。

    英語・中国語・韓国語をはじめ、タイ語・ビルマ語などの書籍もあります。

    こちらもぜひご活用ください。

      左:こころ(タイ語) 右:こころ(シンハラ語)

     

    図書室のご利用には観覧料はかかりません。

    ぜひお気軽にご利用ください。

     

     

     

     

     

    テーマ:その他    2018年07月05日
TOP