1.   >  
  2.   >  山陽女子中・高生が描く「『明暗』 その後」

山陽女子中・高生が描く「『明暗』 その後」

 

山陽女子中・高生が描く「『明暗』 その後」

岡山市の山陽女子中学校・高等学校図書委員のみなさんから渾身の力作を頂きました。

その名は「『明暗』 その後」。

 同校では漱石生誕150年を記念し、昨年11月、「漱石の部屋」展を開催しました。

 開催にあたって、漱石ゆかりの松山市で研修を行うとともに、

 漱石に関する壁新聞や「漱石山房」の模型を作成し、漱石への理解を深めたそうです。

 同校図書委員のみなさんは、さらに漱石未完の小説「明暗」の続編を3編執筆し、

 これまでの学習成果とともに「『明暗』 その後」として冊子にまとめました。

 執筆の際には、「明暗」を丹念に読み込み、

 タイトルに込められた意味や登場人物の性格などを話し合い、

 漱石ならどんな結末を描いただろうかと想像を巡らせながら真摯に取り組んだそうです。

 

「『明暗』 その後」は、今後図書室にて公開する予定です。

 山陽女子中学校・高等学校のみなさん、当館にもいつかお越しくださいね。

 

テーマ:お知らせ   
TOP