1.   >  
  2.   >  漱石山房 雪景色

漱石山房 雪景色

 

開館以来、初めて雪が積もりました。

みなさん、お怪我等はございませんでしたか。

 

漱石と雪…。

漱石は明治40年、雪に関して次の句を詠んでいます。

たゝむ傘に雪の重みや湯屋の門

 

他にも漱石作品には、春夏秋冬、さまざまな景色が描かれています。

ぜひ当館で、漱石作品に描かれた春夏秋冬を味わってみてはいかかでしょうか。

外は雪景色ですが、陽光差し込むブックカフェでの読書もおすすめです。

 

 

 

 

テーマ:その他   
TOP