1.   >  
  2.   >  漱石と龍之介 房総の旅

カテゴリ 展示
開催日
2018年6月14日
2018年4月21日(土)~6月14日(木)
休館日:6月4日(月)、11日(月)
会場 千葉県立東部図書館 ガラス展示コーナー
参加料金 無料
主催 千葉県立東部図書館
問い合わせ先 千葉県立東部図書館  0479-62-7070

 

夏目漱石は、学生時代に友人と房総を旅し、そのことを漢詩と漢文で綴った紀行『木屑録(ぼくせつろく)』が正岡子規に激賞されました。子規との交流は、後の作家漱石に大きな影響を与えました。

その漱石を師と仰いだ芥川龍之介も、同門の友人である久米正雄と一宮海岸を訪れ、滞在中にいくつかの手紙を送ったり受け取ったりしています。この時のことが龍之介の人生の転機となりました。  

そんなエピソードにちなみ、漱石・龍之介という二人の文豪について『紀行』『書簡』『人間関係』『漢詩』というテーマで、資料が展示されます。

 

詳細は下記ホームページをご覧下さい。

https://www.library.pref.chiba.lg.jp/information/east/post_133.html

6月9日(土)には、中谷順子氏による文学講座も行われます(事前申し込み制)。

文学講座については、下記をご覧ください。

https://www.library.pref.chiba.lg.jp/information/east/post_135.html

 

 

TOP