1.   >  
  2.   >  夏目漱石の手紙を読む -人と人をつなぐ言葉の世界-

夏目漱石の手紙を読む -人と人をつなぐ言葉の世界-

カテゴリ 講座
開催日
2018年10月3日
9月19日(水)・26日(水)・10月3日(水)13:30~15:30
会場 三鷹市生涯学習センター4階 ホール
講師 中島 国彦(早稲田大学名誉教授)
対象 16歳以上の方
定員 30人(申し込み多数の場合は抽選、三鷹市民優先)
参加料金 3,000円(全3回)
申込方法 8月1日(水)~8月28日(火)【必着】
下記ホームページ「講座申込システム」または「往復はがき」のいずれかでお申し込みください。
問い合わせ先 三鷹市生涯学習センター 0422-49-2521

 

 漱石の多くの作品は今でも読み継がれていますが、それらが生み出された背景、漱石の人間性は、残された数多くの手紙を読むことで より深く理解できます。

 手紙を書くのももらうのも好きだと、漱石は書き記しています。漱石の書いた手紙はどれも魅力的で、漱石の人柄をよくあらわしています。

 手紙の「言葉」を通して、人間の「心」を探る体験は、私たちの生活をより豊かにしてくれることでしょう。

 【講座内容】

 ■第1回 9月19日(水) 若き日の正岡子規との交友から
  生涯の友人である正岡子規との出会いと別れに、手紙から光を当てます。

 ■第2回 9月26日(水) 文学者としての使命を考える
  留学時代から職業作家になるまでの、鏡子夫人や門下生に宛てた手紙を通して、文学への強い意識を紹介します。

 ■第3回 10月3日(水) 晩年の心境をたどる
  芥川龍之介・武者小路実篤・和辻哲郎らに宛てた大正時代の手紙に込められた、漱石の思いを考えます。

 

 詳細は下記ホームページをご覧下さい。

 https://www.mitakagenki-plaza.jp/shogai/event/2018071100015/

 

TOP