1.   >  
  2.   >  漱石・芥川・太宰から現代作家まで―近代文学、再発見!

漱石・芥川・太宰から現代作家まで―近代文学、再発見!

日本近代文学館開館50周年記念展

カテゴリ 展示
開催日
2017年11月25日
開催期間
9月23日(土)~11月25日(土)
開催時間
9:30~16:30(入館は16時まで)
休 館 日
日曜日、月曜日、第4木曜日(9月28日、10月26日)
*11月3日(金)、23日(木) の祝日は開館  
会場 日本近代文学館
参加料金 一般
200円
主催 日本近代文学館

日本近代文学館では、開館50周年を記念して「漱石・芥川・太宰から現代作家まで――近代文学、再発見!」展を開催中です。

本展覧会はこの4年間のうちに収蔵された、従来あまり存在の知られていなかった資料を選りすぐり、ご紹介するものです。

夏目漱石、芥川龍之介、太宰治の3人を中心に、小川国夫や丸谷才一といった現代作家に至るまで、近代文学の魅力を「再発見」する展覧会です。

同時開催:川端文学の名作Ⅰ(川端康成記念室)

●主な出品資料

 

第1部 漱石と弟子達――東新を中心に

夏目漱石 森田草平宛書簡(明治39年10月21日)

森田草平 東新宛書簡(明治43年8月27日)

東新 日記

岡本一平画 「漱石先生」色紙

第2部 晩年の芥川龍之介

芥川龍之介 「一塊の土」原稿

菊池寛 「芥川について」原稿

室生犀星 下島勲宛書簡(大正13年7月1日)

下島勲 日記

第3部 太宰治――作品以前の世界

太宰治 高校時代の教科書・ノート

太宰治 「善蔵を思ふ」構想メモ

太宰治 「惜別」メモ

太宰治 竹内好宛はがき(昭和20年2月27日)

第4部 直筆資料に見る近代文学史 

Ⅰ 明治大正期の文学

二葉亭四迷 ロシア国会入場証

泉鏡花 自作切抜帖

山川菊栄 馬場孤蝶宛書簡(大正12年9月24日)

谷崎潤一郎 「萩原君の印象」原稿

Ⅱ 昭和(戦前)の文学

高見順 石田竹太郎宛書簡(昭和8年3月13日)

直木三十五 「明暗三世相」原稿

中村草田男 「降る雪や明治は遠くなりにけり」色紙

細見綾子 「女身仏に春剥落のつづきをり」短冊

小山いと子 「指にある歯型」内閲校正刷

Ⅲ 昭和(戦後)の文学

坂口安吾 「あちらこちら命がけ」色紙

小川国夫 「光岳」原稿

竹内道之助 「風と共に去りぬ」改訳ノート

木島始 「かぜ」原稿

丸谷才一 「茶色い戦争ありました 思へば遠くきたもんだ」構想メモ

近年の芥川賞・直木賞受賞作 浄書原稿

***

詳細は下記ホームページをご覧ください。

http://www.bungakukan.or.jp/

TOP