1.   >  
  2.   >  《通常展》テーマ展示「人と人を結びつける」ことば 寄贈・寄託資料から

《通常展》テーマ展示「人と人を結びつける」ことば 寄贈・寄託資料から

開催期間 2018年12月4日 ~
2019年3月10日
開催時間 10:00~18:00 (入館は17:30まで)
会場 2階 資料展示室
休館日 毎週月曜日(休日の場合は開館し、翌日休)、年末年始(12月29日~1月3日)
観覧料 一般300円、小中学生100円
※団体(20人以上)は個人の観覧料の半額。
※小中学生は土日祝日等、観覧無料日があります。
※障害者手帳等をお持ちの方は手帳の提示で無料になります。
主催 新宿区立漱石山房記念館(公益財団法人新宿未来創造財団)
ギャラリートーク 12月8日、22日、1月12日、26日、2月9日、23日の各土曜日
14:00~ 20分間程度
★無料でご参加いただけます(観覧券が必要です)
協力 中島国彦・石﨑 等
問い合わせ 新宿区立漱石山房記念館 03-3205-0209

 「人と人を結びつける」という表現は、夏目漱石が「ケーベル先生の告別」の中に書いた言葉です。大正3(1914)年8月、漱石が大学院時代に講義を受けたケーベルが帰国することになった際、「東京朝日新聞」に「ケーベル先生の告別」を掲載しました。その中で、「先生にいちばん大事なものは、人と人を結びつける愛と情(なさけ)だけである」と書きました。
 今回展示する資料の中でも、漱石の自筆書簡は、学生時代の友人や、面識のない学生、作家を志望する女性など、多様な人たちに宛てたものですが、どれも「人と人を結びつける」ことばにあふれています。また、1枚の写真や絵画にも人と人とのつながりがうかがえます。
 本展では、近年新宿区に寄贈・寄託された資料を中心に、原稿・書簡・絵画・書籍をはじめ、それらの背景を示す資料もあわせてご紹介します。

チラシ(表)
チラシ(裏)

 

TOP