1.   >  
  2.   >  連続講座 「江戸・明治・大正ー漱石と時代」

連続講座 「江戸・明治・大正ー漱石と時代」

開催期間 2019年1月30日 ~
2019年2月13日
開催時間 ①1月30日(水)、②2月13日(水)
各日14:00~16:00
会場 漱石山房記念館 地下1階講座室
定員 50名(多数抽選)
※新宿歴史博物館メンバーズ倶楽部会員・区内在住の方優先
参加費 1000円(全2回)
講師 ①中島国彦氏(早稲田大学名誉教授・日本近代文学館専務理事)
②中川武氏(早稲田大学名誉教授・博物館明治村館長)

 まもなく平成が終わります。漱石は江戸時代末の慶応3年(1867)に生まれ、45歳の時に明治天皇が崩御したため、大正へ改元となりました。

 漱石と時代の変遷について、作品、社会、文化風俗など様々な角度から見ていきます。 

 

 第1回 1月30日(水)漱石作品にみる「東京山の手」の変貌」

  【講師】中島 国彦 氏(早稲田大学名誉教授・日本近代文学館専務理事)

  【概要】「三四郎」「それから」「硝子戸の中」などの作品を通して、明治から大正はじめにかけて「東京山の手」がどう変貌したかをたどり、作品の新しい読みを試みます。

  第2回 2月13日(水)「建築家になりたかった、漱石」

 【講師】中川 武 氏(早稲田大学名誉教授・博物館明治村館長)

  【概要】漱石の作品の中にうかがうことができる、都市や建築に対する意識や考え方をとおして、漱石に迫ってみたい。

 

  往復はがきにイベント名・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢・性別を記入、友の会会員は会員番号を明記の上、

 漱石山房記念館(〒162-0043 新宿区早稲田南町7)へ。      

 はがき1通で1名のみ。

 当館ウェブサイトからもお申込みいただけます。 ⇒こちらをクリックして講座申込画面へ       

 1月15日(火)必着。

 

 

TOP