1.   >  
  2.   >  資料収集方針

資料収集について

(1) 資料収集の方針

  • 夏目漱石や「漱石山房」に関わる資料の収集
    夏目漱石や、その終の棲家である「漱石山房」に関する資料を収集します。収集する資料は、著作物(初版本、雑誌、新聞等)、草稿・原稿、書簡、書画、写真、音声、映像、愛用品などです。
  • 木曜会に集った弟子たちに関する資料の収集
    「漱石山房」で毎週木曜日の午後に開かれた木曜会には、後に文学者や研究者として活躍した多くの弟子たちが出入りし、漱石と交流を重ねました。木曜会に集った弟子たちに関する資料を収集します。収集する資料は、著作物(初版本、雑誌、新聞等)、草稿・原稿、書簡、書画、写真、音声、映像、愛用品などです。
  • 家族や友人など漱石を取り巻く人々に関する資料の収集
    夏目漱石の家族や友人たち関する資料を収集します。収集する資料は、著作物(初版本、雑誌、新聞等)、草稿・原稿、書簡、書画、写真、音声、映像、愛用品などです。
  • 関係図書の収集
    夏目漱石やその関連事項に関する図書を収集します。文学作品、研究書、単行本、雑誌、漫画など、漱石とその弟子たち、漱石を取り巻く人々などに関係する図書を幅広く受け入れ、漱石の情報センターを目指します。

(2)収集した資料の保管・活用

  • 資料の保管
    一次資料(実資料)については、専用の資料収蔵庫で保管します。収蔵庫は耐火構造で、ガス消火設備を備え、温湿度管理と虫害監視を常時行います。図書については貴重書を除き、記念館の図書室に配架します。資料は必要に応じて燻蒸を行うとともに、適切な収納箱などを用い、劣化を防止します。
  • 資料の調査・研究
    寄贈された資料について、撮影や翻刻などの記録化を行うとともに、資料の来歴などについて調査・研究を行い、その成果を発信するなどして、漱石を中心とした近代文学史研究に寄与していきます。
  • 資料の活用
    資料が劣化しないよう十分配慮しながら、記念館内での展示公開を促進し、他の文学館などへの貸出にも対応していきます。貴重な漱石の資料をより多くの方にご覧いただけるよう、資料の活用を図ります。

資料寄贈のお願い

新宿区立漱石山房記念館では、漱石や木曜会に集った弟子たちに関する「情報収集」と「研究」の拠点をめざし、漱石と木曜会に集った弟子たち、家族や友人など漱石を取り巻く人々に関する資料を収集し、適切な環境下で保管するとともに、調査・研究を行い、未来に継承していきます。資料の寄贈を受け付けています。ご協力をお願いします。

寄贈についてのお問合せ

新宿区文化観光課文化資源係
電話番号:03-5273-4126

TOP