1.   >  
  2.   >  常設展示

常設展示

 常設展示では、①夏目漱石と新宿、②漱石の生涯、③漱石作品の世界、④漱石を取り巻く人々、⑤漱石と俳句、⑥漱石と書画などのテーマについて、グラフィックパネルや映像でご紹介いたします。また、漱石が暮らした「漱石山房」の一部を再現し、創作や弟子たちとの交流の場であった書斎や客間、ベランダ式回廊を体感していただきます。このほか、新宿区が所蔵する草稿や書簡、初版本などの資料も展示公開いたします。

導入展示[1階](無料)

グラフィックパネルや映像などにより、漱石と新宿の関わり、漱石の生涯、人物像、漱石の家族など、漱石を知る上で基本的な情報をご紹介します。

導入展示[1階]

再現展示[1階](有料)

「漱石山房」の一部、書斎・客間・ベランダ式回廊を再現するとともに、この客間で毎週開かれた「木曜会」のこと、この書斎で執筆された随筆『硝子戸の中』の世界、「漱石山房」再現の取り組みなどについてご紹介します。

再現展示[1階]

常設展示[2階](有料)

グラフィックパネルや映像などにより、漱石と作品世界、漱石を取り巻く人々、漱石と俳句、漱石と書画などについて紹介するほか、新宿区が所蔵する草稿や書簡、初版本などの一次資料を展示公開します(※企画展開催時には常設展示の一部を撤去する場合があります)。

常設展示[2階]

主な所蔵資料

夏目漱石『道草』草稿

大正4年6月3日から9月14日まで東京・大阪朝日新聞に連載された自伝的小説『道草』の草稿。同じ部分の書き直しやインクの痕跡が見られ、執筆の苦心や作品成立の過程がわかる資料として貴重。

夏目漱石『道草』草稿

夏目漱石『明暗』草稿

大正5年5月26日から12月14日まで東京・大阪朝日新聞(※大阪朝日は12月27日)に連載された漱石の遺作『明暗』の草稿。裏面全面に墨書の落書きがある。

夏目漱石『明暗』草稿

夏目金之助(漱石) 松根豊次郎(東洋城)宛葉書

明治41年9月14日に漱石が弟子で俳人の松根東洋城に宛てた葉書。『吾輩は猫である』の猫の死亡を知らせる内容で、東洋城のほか小宮豊隆・鈴木三重吉・野上豊一郎に出したとされる。内容は、病気療養中だった猫が裏の物置のへっつい(かまど)の上で死んでいた。車屋に頼み蜜柑箱に納めて裏庭に埋葬した。「三四郎」執筆中につき会葬には及ばないというもの。

夏目金之助(漱石) 松根豊次郎(東洋城)宛葉書

津田青楓 画讃「漱石先生像」

漱石山房の木曜会にも出入りし、漱石に油絵の教えた画家津田青楓の「漱石先生像」。紙本・墨画、掛幅装。大正5年9月漱石作の七言律詩が書き添えられている。青楓は『道草』『明暗』の装丁も手がけたほか、「漱石先生読書閑居之図」(新宿区蔵)も描いている。

津田青楓 画讃「漱石先生像」

その他の所蔵資料

  • 夏目漱石書簡・葉書
    橋口清(五葉)宛、浜武元治宛、岡田(林原)耕三宛、菅虎雄宛、馬場勝弥(孤蝶)宛、 市原隆作宛、松根豊次郎(東洋城)宛
  • 夏目漱石漢詩扇面軸「高梧能宿露 疎竹不蔵秋 静坐団蒲上 寥寥似在舟」
  • 夏目漱石画賛軸「白菊をかいて与へぬ菊の主」
  • 夏目漱石短冊「菊の花 硝子戸越に 見ゆる哉」
  • 夏目鏡子着物
  • 津田青楓 画「漱石先生読書閑居之図」
  • 橋口五葉 装幀デッサン『吾輩は猫である』
  • 中勘助書簡 小宮豊隆宛
  • 初版本
    『吾輩は猫である』『漾虚集』『鶉籠』『文学論』『虞美人艸』『草合』『文学評論』『三四郎』『それから』『門』『四篇』『彼岸過迄』『社会と自分』『金剛草』『行人』『こゝろ』『道草』『明暗』
    道草 彼岸過迄
TOP