1.   >  
  2.   >  九日会 講演2「人間の脳の仕組みから、漱石文学の深さと凄みを考える」  

九日会 講演2「人間の脳の仕組みから、漱石文学の深さと凄みを考える」  

会場 漱石山房記念館 地下1階講座室
定員 40名(多数抽選)
講師 茂木健一郎(脳科学者)
参加費 無料
主催 新宿区
公益財団法人新宿未来創造財団
お問い合わせ 新宿区立漱石山房記念館
〒162-0043 新宿区早稲田南町7
TEL 03-3205-0209 
FAX 03-3205-0211

夏目漱石が駒込千駄木町に住んでいた1906(明治39)年10月、「木曜会」が開かれるようになりました。
「木曜会」は早稲田南町に場を移して続けられ、漱石を慕う人々による文化サロンとなりました。
漱石が1916(大正5)年12月9日に亡くなると、その1ケ月後の1917(大正6)年1月9日、
門下生らが集い、漱石を偲びました。
以後、月命日の9日に「九日会」が開かれ、昭和初期まで続きました。
漱石山房記念館ではこの「九日会」にちなんで、漱石に関連する講演を行います。

往復はがきでお申し込みください。応募者多数の場合は抽選を行います。
1.講演名と開催日(九日会講演2「人間の脳の仕組みから、漱石文学の深さと凄みを考える」1月9日分)、
2.郵便番号と住所、3.氏名(ふりがな)、4.電話番号をご記入の上、
漱石山房記念館(〒162-0043 新宿区早稲田南町7)へ。

締切:12月6日(月)必着

※1講演あたり往復はがき1通につき1名のみ。
※新型コロナウイルス感染症対策のため、受講者数を制限しています。
当選後に欠席される場合は必ずご連絡ください。
※講演内容については、後日、当館ウェブサイトにて無料配信いたします。
あらかじめご了承ください。

TOP