1.   >  
  2.   >  【動画配信】九日会 講演「夏目漱石の英語事情」  

【動画配信】九日会 講演「夏目漱石の英語事情」  

講師 阿部公彦(東京大学大学院人文社会系研究科教授)

夏目漱石が駒込千駄木町に住んでいた1906(明治39)年10月、「木曜会」が開かれるようになりました。
「木曜会」は早稲田南町に場を移して続けられ、漱石を慕う人々による文化サロンとなりました。
漱石が1916(大正5)年12月9日に亡くなると、その1ケ月後の1917(大正6)年1月9日、
門下生らが集い、漱石を偲びました。
以後、月命日の9日に「九日会」が開かれ、昭和初期まで続きました。
漱石山房記念館ではこの「九日会」にちなんで、漱石に関連する講演を開催しています。
2022年7月9日に開催した九日会講演会では、漱石と同じく、イギリス留学の経験があり、
英文詩が専門の阿部公彦氏に、漱石の英語・英文学について講演していただきました。

 
【配信期間】
令和4年9月20日(火)~令和4年11月30日(水)17時まで
【当日配布資料】
当日配布資料のサムネイル

TOP