1.   >  
  2.   >  第120回 鎌倉漱石の會例会

第120回 鎌倉漱石の會例会

カテゴリ 講演会
開催日
2022年4月29日
11:00〜15:30
会場 鎌倉円覚寺塔頭・帰源院
(鎌倉市山之内416)
講師 中村 英利子 氏(アトラス出版編集人、フリーライター)
松下 浩幸 氏(明治大学教授)
参加料金 3500円(特製お弁当、お饅頭、お茶、甘酒を呈供)
申込方法 郵便局備え付けの「払込取扱票」に郵便番号、ご住所、氏名をご記入の上、4月22日(金)までに郵便局のATMで参加費をお支払いください。後日「出席票」をお送り致します。
主催 鎌倉漱石の會
協力 新宿区立漱石山房記念館
問い合わせ先 鎌倉漱石の會・事務局
〒192-0364 
東京都八王子市南大沢3-4-3-103
電話:080-5533-2250
メール:j.soseki.soc.100@gmail.com

【午前の部・11時~12時30分】
「漱石と松根東洋城の師弟愛」 田村 英利子 氏(アトラス出版編集員、フリーライター)
『渋柿の木の下で』で愛媛出版文化賞受賞。ご著書に『兵頭精、空を飛びます!』や、
『漱石と松山』『水郷の数寄屋、臥竜山荘』『新松山紀行』の他多数。
松根東洋城の伝記『渋柿の木の下で』を刊行なさった著者による
「殿様俳人といわれた東洋城の生涯と、漱石との知られざるエピソード」です。

【午後の部・13時30分~15時】
『吾輩は猫である』と文明開化‐七章、十一章を中心に― 松下 浩幸 氏(明治大学教授)
第111回漱石忌例会に続いて鎌倉漱石の會例会は三回目のご出演です。
ご著書には『夏目漱石‐xなる人生‐』『『都市空間を歩く 近代日本文学と東京 第四輯』の他多数。
鎌倉漱石の會60周年を記念する最初の例会は、矢張り作品の読解は欠かせません。
そこで『猫』となりました。

北鎌倉、四囲の山々の新緑、帰源院のお庭には牡丹の花と、
一年の内で最も美しい季節の例会をお楽しみください。
詳細はチラシをご覧ください。
第120回鎌倉漱石の會例会チラシ

TOP