1.   >  
  2.   >  第124回 鎌倉漱石の會 例会

第124回 鎌倉漱石の會 例会

カテゴリ 講演会
開催日
2024年4月29日
11:00〜15:30
会場 鎌倉円覚寺塔頭帰源院
(鎌倉市山之内416)
講師 ホンダ・アキノ 氏(編集者)
小森陽一 氏(東京大学名誉教授)
参加料金 4,000円
特製お弁当、お饅頭、お茶、甘酒の呈供に加え夏目漱石参禅130年を記念して、珈琲「夢十夜」を庭前接待致します。
申込方法 ゆうちょ銀行の「払込取扱票」に郵便番号、住所、氏名をご記入の上、参加費をお振込みください。
例会開催の3日前までには「参加票」のハガキをお送り致します。
加入者名:鎌倉漱石の会 
口座番号:00190=2=67886
申込締切は4月22日お振込分まで。
主催 鎌倉漱石の會
協力 新宿区立漱石山房記念館
問い合わせ先 鎌倉漱石の會・事務局(菅佐原智治)
電話:080-5533-2250
メール:j.soseki.soc.100@gmail.com

【午前の部】11時~12時30分 
“美術記者”としての漱石 ホンダ・アキノ 氏(編集者)
講師は、奈良女子大学から京都大学大学院で美学美術史を修める。
令和5年9月、平凡社より『二人の美術記者 井上靖と司馬遼太郎』を出版する。
朝日新聞「文芸欄」で論じられた、漱石の展評や美術論についてお話し下さいます。

【昼食・休憩】12時30分~13時30分
お昼休みは、淹れたて珈琲「夢十夜」を庭前接待。

【午後の部】13時30分~15時
「夏目漱石の文学と戦争による感染症」 小森陽一氏(東京大学名誉教授)
講師は、昨年4月の例会に続き3度目のご出演になります。
今回は「今の時代に漱石を読み直すうえで重要なテーマ」だとのことです。
ご著書は『日本語の近代』『ポストコロニアル』(岩波書店)
『漱石を読みなおす』(岩波現代文庫)他多数。

TOP