1.   >  
  2.   >  愛媛大学俳句・書文化研究センターシンポジウム「俳人漱石と松山」

愛媛大学俳句・書文化研究センターシンポジウム「俳人漱石と松山」

カテゴリ シンポジウム
開催日
2022年12月4日
13:30〜16:10
開場13:00~
会場 愛媛大学南加記念ホール
(愛媛県松山市文京町3)
およびオンライン(Zoom)による併用開催(要事前申込)
講師 坪内 稔典 氏(伊方町出身、京都教育大学名誉教授、市立伊丹ミュージアム名誉館長)
川島 佳弘 氏(松山市立子規記念博物館学芸員)
佐藤 栄作 氏(愛媛大学俳句・書文化研究センター長、松山坊っちゃん会顧問)
青木 亮人 氏(愛媛大学教育学部/俳句・書文化研究センター准教授)
定員 会場定員100人(先着順)
参加料金 無料
申込方法 参加申し込みフォームからお申し込みください。
参加申込締切:11月30日(水)
https://forms.office.com/r/byAY0bbLuB
主催 愛媛大学社会連携推進機構俳句・書文化研究センター
後援 松山市、伊方町
問い合わせ先 愛媛大学社会連携支援部地域連携推進室
メール:chiki@stu.ehime-u.ac.jp
電話:089-927-8512
※月~金(祝日を除く)9:00~17:00

文豪夏目漱石は松山ゆかりの小説家と言われており、松山が名作『坊っちゃん』の舞台とされるのは、
旧制松山中学校で教鞭を執ったことによるものでしょう。
松山での1年間、英語教師漱石が熱心に行っていたのは俳句の創作です。
「愚陀仏庵」での正岡子規との52日間、それに続く二人の交流には常に俳句がありました。
今回のシンポジウムでは、小説家になる前の漱石=俳人漱石にスポットをあて、
子規とのやりとり、漱石の作風や作品の評価などについて、理解を深め合いたいと思います。

<プログラム>
【開会挨拶】 佐藤 栄作(愛媛大学俳句・書文化研究センター長)
【基調講演】 坪内 稔典(伊方町出身、京都教育大学名誉教授、市立伊丹ミュージアム名誉館長)
『鐘つけば-漱石と松山』
【報告1】 佐藤 栄作(愛媛大学俳句・書文化研究センター長、松山坊っちゃん会顧問)
『弟子から見た漱石の俳句-耒井、百閒-』
【報告2】 川島 佳弘(松山市立子規記念博物館学芸員) 
『「子規へ送りたる句稿」からみる子規と漱石の交流』
【報告3】 青木 亮人(愛媛大学教育学部/俳句・書文化研究センター准教授)
『俳人漱石と蕪村調』
【ディスカッション】
パネリスト/坪内 稔典、川島 佳弘、佐藤 栄作、青木 亮人

※新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては、オンライン開催のみとなる場合がございますので予めご了承ください。
詳細は以下の愛媛大学のWebサイトをご確認ください。

【参加者募集】俳句・書文化研究センターシンポジウム「俳人漱石と松山」(ハイブリッド開催)

TOP