1.   >  
  2.   >  開館5周年記念《特別展》夏目漱石と芥川龍之介

開館5周年記念《特別展》夏目漱石と芥川龍之介

会場 漱石山房記念館 2階資料展示室
休館日 毎週月曜日
観覧料 一般500円、小中学生100円
※団体(20名以上・要事前連絡)は個人の観覧料の半額
※小中学生は土日・祝日は無料
※障害者手帳等をお持ちの方は手帳のご提示で無料(介助者1名無料)
※メンバーズ倶楽部会員の方は会員証のご提示で無料
主催 新宿区立漱石山房記念館(公益財団法人新宿未来創造財団)
共催 新宿区、新宿区教育委員会
協力 関口安義(都留文科大学名誉教授)、田端文士村記念館

芥川龍之介(1892~1927)は今年、生誕130年・没後95年を迎えました。
文学好きな家庭に生まれた芥川は、大正4(1915)年11月18日、
先輩である岡田(のち林原)耕三の紹介により友人久米正雄と、
早稲田南町の漱石山房を訪れ、夏目漱石と出会いました。
漱石を第一の読者として創刊した第四次『新思潮』に発表した
芥川の小説「鼻」は、漱石から激賞を受け、
彼は作家として生きる決意を固めます。
漱石は芥川が文壇に登場する案内役をつとめたことになりますが、
出会いの翌年12月9日に亡くなります。
わずか1年ほどの交流でしたが、
その間に受けた漱石の温かな言葉の数々は、
芥川に大きな希望を与えました。
今回の特別展では、夏目漱石と芥川龍之介の交流を中心に、
作家の道へと歩む芥川龍之介の姿を追います。

ギャラリートーク
10月16日(日)、11月20日(日)
各日とも14時~14時30分
会場:漱石山房記念館 地下1階講座室
申し込み不要、無料です。直接地下1階講座室にお越しください。

オンラインギャラリートーク
YouTubeチャンネル「レガスちゃんねるby新宿未来創造財団」で、
担当学芸員による展示解説映像の配信を予定しています。

特別展記念講演会「新しい芥川像を求めて」
日時:11月3日(木・祝)14時~15時30分
講師:関口安義(都留文科大学名誉教授)
申込:10月18日(火)必着
会場:漱石山房記念館地下1階講座室・多目的スペース
定員:50名(申込多数の場合は抽選)
料金:500円(特別展招待券付)
※お申込み方法などの詳細はこちらのページをご確認ください。

※国内の状況により会期に変更が生じる場合があります。
※漱石山房記念館では新型コロナウイルス感染予防対策を行っております。
詳細はご来館のお客様へのお願いをご確認のうえ、ご来館ください。

TOP