1.   >  
  2.   >  《通常展》テーマ展示 ああ漱石山房

《通常展》テーマ展示 ああ漱石山房

会場 漱石山房記念館 2階資料展示室
休館日 毎週月曜日(休日にあたるときはその翌平日)/年末年始(12 月29 日~1月3 日)
観覧料 一般300円、小中学生100円
※団体(20名以上・要事前連絡)は個人の観覧料の半額
※小中学生は土日祝日・冬季休業日・春季休業日は無料
※障害者手帳等をお持ちの方は手帳のご提示で無料(介助者1名無料)
※メンバーズ倶楽部会員の方は会員証のご提示で無料
主催 新宿区立漱石山房記念館(公益財団法人新宿未来創造財団)

「 ああ漱石山房」。この印象的なフレーズは、漱石山房に門下生として出入りし、
夏目漱石の長女・筆子と結婚した松岡譲(1891-1969)がその晩年、
エッセイ等によく使用したものです。
漱石山房は、夏目漱石が明治40(1907)年9 月から亡くなるまでの
9 年間生活した牛込区(現在の新宿区)早稲田南町7 の借家にあった
それぞれ10 畳の書斎と客間を指します。
毎週木曜日の午後、門下生たちがここに集い、漱石と夜遅くまで
様々な世間話や活発な文学談義に花を咲かせました。
漱石亡き後、大正12(1923)年の関東大震災を契機に、
漱石山房の保存問題に取り組む機運が高まり、
松岡譲も漱石山房の保存に奔走しましたが、
昭和20(1945)年5 月の山の手空襲により、漱石山房は焼失してしまいます。
本展示会では、漱石最晩年の門下生の一人で、没後夏目家の一員となった
松岡譲の漱石山房への思いを見ていきます。

ギャラリートーク
12 月18 日(日)、令和5 年1 月22 日(日)、2 月19 日(日)、3 月19 日(日)
各日とも14時~14時20分
会場:漱石山房記念館 地下1階講座室
申し込み不要、無料です。直接地下1階講座室にお越しください。

オンラインギャラリートーク
担当学芸員による展示解説動画をYouTubeで配信する予定です。

※国内の状況により会期に変更が生じる場合があります。
※漱石山房記念館では新型コロナウイルス感染予防対策を行っております。
詳細はご来館のお客様へのお願いをご確認のうえ、ご来館ください。

TOP