1.   >  
  2.   >  《通常展》テーマ展示 新収蔵資料展 漱石「「土」に就て」のメッセージ

《通常展》テーマ展示 新収蔵資料展 漱石「「土」に就て」のメッセージ

開催期間 2019年5月14日~2019年6月30日
開催時間 午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
会場 漱石山房記念館 2階展示資料室
休館日 毎週月曜日
観覧料 一般300円、小中学生100円
※団体(20名以上)は個人の観覧料の半額
※小中学生は土日祝日無料
※障害者手帳等をお持ちの方は手帳のご提示で無料
※メンバーズ倶楽部会員の方は会員証のご提示で無料
主催 新宿区立漱石山房記念館(公益財団法人新宿未来創造財団)
協力 中島国彦・石﨑 等

漱石山房記念館には開館以来、多くの資料をご寄贈、ご寄託いただいています。
このたび、近年ご寄贈いただいた資料と、新たに購入した資料を紹介する展示会を開催します。
なかでも夏目漱石の直筆原稿「「土」に就て」は、長塚節(ながつか たかし)の名作『土』の序文として書かれたものです。

今回の展示では、Ⅰ正岡子規との出会い、Ⅱ紀行文から小説へ、
Ⅲ「土」の発表、Ⅳ『土』の刊行と反響、の各コーナーを設け、
「土」が誕生し、多くの読者を得るまでの流れを、
漱石とその門下生たちと長塚節との関係に着目してみていきます。

加えて新たにご寄贈いただいた、
漱石自筆扁額、書簡メモ貼り交ぜ屏風、夏目家所縁の提重、
漱石(金之助)と坪内逍遥(雄蔵)の名が並んでいる、
東京専門学校専修英語科の卒業證書を紹介します。

また、開催期間中はギャラリートークを開催いたしますので、ぜひご参加ください。

ギャラリートーク(担当学芸員による展示解説)
日時:5月18日、6月1日・15日・29日の各土曜日 14時~(20分程度)
会場:漱石山房記念館2階展示室
申込:不要(観覧券が必要です)

チラシのダウンロード漱石「「土」に就いて」のメッセージチラシ

TOP