1.   >  

吾輩ブログ 一覧

  • 12月9日は漱石忌です

    明日12月9日は漱石忌です。
    夏目漱石は大正5(1916)年12月9日に、
    現在は新宿区立漱石山房記念館が建つ、
    ここ早稲田南町の家で49歳で亡くなりました。
    今年(2020年)は没後104年になります。

    当館では昨年に続いて、漱石のお墓がある
    雑司ケ谷霊園の文学さんぽを予定していましたが、
    新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、
    残念ながら今年はイベントの開催を見送り、
    お墓掃除をしてまいりました。

    漱石のお墓

    漱石山房記念館から雑司ケ谷霊園へは、
    「牛込保健センター前」バス停から都バス白61系統「練馬車庫行」に乗り、
    「鬼子母神前」バス停で下車する行き方が便利です。
    詳細は漱石山房記念館の受付でもご案内いたしますので、
    ご来館の際にお問合せください。

    テーマ:漱石について    
  • ボランティアレポート4 漱石山房への小路

    漱石山房記念館では、ボランティアガイドが
    漱石の書斎の再現展示室の展示解説を行っていましたが、
    現在は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、休止しています。
    そこで、この吾輩ブログでは
    ボランティアガイドによるレポートをお届けしてまいります。

    いつも見慣れた景色が、ある日ある時、見違えるほどきれいだった……とは、
    誰もが経験されることでしょう。

    私たち一家は2010年4月、ここ早稲田へ当時6歳の愛犬とともに越してきました。
    それから昨年5月までのほぼ毎日、
    宗参寺から漱石山房記念館を回る小路を愛犬と散歩しました。

    昨年の麗らかな春の午後でした。
    いつも見慣れた漱石山房記念館への坂道が、春の日差しに輝いていました。
    毎日散歩する路がまるで違っていたのです。
    思わずそこを進みました。

    漱石山房への小路

    漱石山房記念館は小さな丘の上にあります。
    行こうとすれば、どこからでも坂道を上ることになります。
    上ると通りから一歩、控えた場所にあり、謙虚な佇まいです。
    漱石が住んでいた当時の山房も、芥川龍之介の「漱石山房の秋」に
    「門をくぐると砂利が敷いてあつて(略)
    砂利と落葉とを踏んで玄関へ来ると(略)
    蔦の枯葉をがさつかせて、呼鈴(ベル)の鈕(ボタン)を探さねばならぬ」
    とあり、やはり奥まっていたということでしょう。
    夏目漱石もそんな控えめな人だったのでは、と思わせます。

    かつて、多くの人々が漱石を訪ねました。
    漱石のもとに行けば何かある……と、誰もが何かを求めて坂道を上ったことでしょう。
    その時の坂道は、私が見たように輝いていたのではないでしょうか。

    麗らかなその日、坂の上で私が見たのは、
    漱石山房記念館の隣、漱石公園にひっそりと咲く桜でした。
    誰に見られずとも、咲く時が来たので……という飾らぬ姿でした。
    しばし、その可憐で清らかな美しさを眺めていると、
    心の中に、ぽぅっと灯るものがありました。
    これを教えたくて、山房への小路が輝いていたのだ、と思ったのでした。
    ほのぼのとした気持ちで坂を下り、家へ帰りました。
    山房に漱石を訪ねた人々もきっと同じ。
    漱石という人に接し、心に何かが灯り、
    温かな気持ちを抱えて坂道を帰っていったことと思います。

    猫の街燈

    漱石山房記念館は静かに住宅街に溶け込んでいます。
    そこへの小路は人や車の往来も少なく、のんびりと散策すれば、
    あなたの心にも何か温かいものが灯るかも……。
    夕暮れには猫の街灯が優しく導いてくれますよ。

    ※漱石山房記念館のある漱石山房通りには、
    平成29年度から新宿区道路課によって猫のモチーフの街燈が設置されています。

    (漱石山房記念館ボランティア:井上公子)

    テーマ:その他    
TOP