1.   >   ミュージアムショップ

ミュージアムショップ【編集用】

漱石山房記念館1階にあるミュージアムショップでは、
当館ガイドブックや展示会図録などの刊行物、
メモ帳、クリアファイルなど漱石に関するオリジナルグッズを取り揃えています。
ご来館の記念に、またご家族やお友達へのお土産に、ぜひご利用ください。

※記念館の観覧券をお持ちでない方もご利用いただけます。

営業時間:午前10時~午後5時30分まで
休業日:漱石山房記念館の休館日に準じます
問い合わせ先:03-3205-0209(漱石山房記念館)

▼刊行物
▼当館オリジナルグッズ
▼新宿区グッズ
▼県立神奈川近代文学館グッズ
▼Tシャツ(自在株式会社)
▼新潮社グッズ
▼香日ゆらオリジナルグッズ
▼夏目漱石に関する書籍(熊日出版・岩波文庫・新潮文庫・講談社)

刊行物

※表示価格はすべて税込価格です。
※メンバーズ倶楽部会員の方は頒布価格の2割引きでご購入できます。

漱石山房記念館ガイドブック 価格:800円


編集:新宿区文化観光産業部文化観光課
発行:公益財団法人新宿未来創造財団
発行年:2017年
重さ:240g  B5判(縦25.7cm×横18.3cm)  66頁(厚さ0.6cm)

漱石の生涯、作品世界、門下生との関係や新宿区の所蔵資料をオールカラーで紹介しています。

    【目次】

  1. ごあいさつ
  2. 目次
  3. 夏目漱石と新宿
  4. 漱石の人物と生涯
  5. 漱石山房
  6. 漱石の作品世界
  7. 漱石を取り巻く人々
  8. 漱石山房記念館の所蔵資料
  9. 漱石史跡めぐり
  10. 記念館施設情報
  11. 記念館の利用案内
  12. 協力者・資料提供者等

高浜虚子没後60年「漱石と高浜虚子」価格:500円


編集:新宿区立漱石山房記念館(公益財団法人新宿未来創造財団)
発行年:令和元(2019)年
重さ:200g A4判(縦29.7cm×横21.0cm) 42頁(厚さ0.4cm)

令和元年12月3日(火)~令和2年2月24日(月・休)開催中のテーマ展図録。
令和元年は、俳人・小説家として知られる高浜虚子の没後60年にあたります。
虚子は夏目漱石の小説家デビュー作として知られる、「吾輩は猫である」誕生に大きく関わったことが知られています。
本テーマ展では、虚子と漱石の俳句や、虚子が主宰した雑誌『ホトトギス』などをとおして、
漱石が「吾輩は猫である」を『ホトトギス』に発表するまでを中心に、二人の交流の歩みを紹介しています。

漱石山房記念館特別展図録
特別展図録「救い出された文学コレクション」 価格:200円

救い出された文学コレクション図録
編集:新宿区立漱石山房記念館(公益財団法人新宿未来創造財団)
発行年:令和元(2019)年
重さ:92g A4判(縦29.7cm×横21.0cm) 28頁(厚さ0.3cm)

令和元年9月18日(水)~11月24日(日)に開催した特別展図録。
「江戸家資料」は、江戸時代から米の積出港として栄えた阿武隈川河口の荒浜村の豪商・江戸清吉が収集した、
明治から昭和までの小説家・劇作家・詩人・歌人・政治家の原稿・書簡・掛軸・屏風などから構成された個人コレクションです。
2万点にも及ぶ資料群は、平成23(2011)年3月11日の東日本大震災に伴う津波により被災しましたが、
文化財レスキューの活動により救出されました。
資料の一部は科学的な保存処理をされ、現在宮城県の亘理町立郷土資料館で保管されています。
この「江戸家資料」のなかから、
夏目漱石が漱石山房原稿用紙を使用して執筆した作品のなかで、現存するもっとも古い原稿「文鳥」などの貴重な資料と、
漱石山房に集った人々の関係資料、そして泉鏡花・田山花袋ら新宿ゆかりの文学者たちの原稿等を展示しました。
併せて今なお復興途上にある東北の姿、東日本大震災における文化財レスキューの活動の様子も紹介しています。

漱石山房記念館特別展図録
「漱石と鈴木三重吉 広島の加計正文との交流を軸に」 価格:700円


編集:新宿区立漱石山房記念館(公益財団法人新宿未来創造財団)
発行年:2019年
重さ:240g  B5判(縦25.7cm×横18.3cm)  64頁(厚さ0.6cm)

2019年3月19日(火)~5月6日(月・休)に開催した特別展の図録。
児童雑誌『赤い鳥』の主宰で知られる鈴木三重吉は、
親友の加計正文とともに大学で漱石の教えを受けました。
三重吉が書いた短編小説「千鳥」は漱石に激賞されています。
漱石から三重吉に宛てた手紙などを通して、
小説家時代の三重吉に焦点をあてるとともに、
漱石ゆかりの作家たちや、新宿と関係が深い作家たちの『赤い鳥』との関係も紹介しています。

新宿ゆかりの文学者 価格:1500円

新宿ゆかりの文学者
編集:新宿区立新宿歴史博物館(公益財団法人新宿未来創造財団)
発行年:2007年
重さ:405g  B5判(縦25.7cm×横18.3cm) 137頁(厚さ0.8cm)

明治・大正・昭和を通じた、新宿区内在住の文学者の交流をまとめた一冊。
作家は居住地域ごとに分類され、顔写真とプロフィールを紹介しています。
夏目漱石や芥川龍之介、内田百閒、松岡譲ら山房に集った作家たちも紹介しています。

新宿歴史博物館 開館記念特別展図録
「新宿ゆかりの明治の文豪三人展ー漱石・八雲・逍遥ー」 価格:1000円


編集:新宿区立新宿歴史博物館
発行年:1989年
重さ:390g  B5判 (縦25.7cm×横18.3cm) 95頁(厚さ0.8cm)

新宿歴史博物館開館記念特別展図録。
明治時代、英文学者・教育者としても活躍し、近代文学の裾野を切り開いた夏目漱石・小泉八雲・坪内逍遥。
彼らと新宿とのかかわりに焦点を当てながら、三人の活動と生活の跡をたどります。

コミック新宿史 新宿ジオラマ奇譚 価格:1000円


編集・発行:新宿区立新宿歴史博物館(公益財団法人新宿未来創造財団)
コミック製作・デザイン:井口たくみ
発行年:2019年
重さ:780g A4判(縦29.7cm×横21.0cm)  233頁(厚さ1.1cm)

新宿歴史博物館開館30周年を記念して刊行されたコミック。
主人公は伊賀忍者の子孫で、架空の博物館の学芸員。
彼は自分が作った新宿史のジオラマに迷い込み、
この街の文化・風俗と新宿人たちの心意気を見つめます。
「Model5 漱石先生ごきげんよう」の章には、夏目漱石も登場します。

写真集 新宿風景―明治・大正・昭和の記憶― 価格:1000円

新宿風景
編集・発行:公益財団法人新宿未来創造財団 新宿区立新宿歴史博物館
発行年:2009年
重さ:850g A4ヨコ変形版(縦21.0cm×横23.4cm)  196頁(厚さ1.9cm)

写真集 新宿風景Ⅱ 一枚の写真 そして未来へ 価格:1000円

新宿風景II
編集・発行:公益財団法人新宿未来創造財団 新宿区立新宿歴史博物館
発行年:2019年
重さ:730g A4ヨコ変形版(縦21.0cm×横23.4cm)199頁(厚さ1.9cm)

写真集『新宿風景―明治・大正・昭和の記憶―』の続編。
こちらも新宿歴史博物館開館30周年を記念して刊行されました。
明治・大正・昭和と大きく変貌を遂げ、
今なお変わり続ける新宿の貴重な写真をお楽しみください。

当館オリジナルグッズ

※表示価格はすべて税込価格です。

ミニトート『吾輩は猫である』(ナチュラル)(ネイビー) 価格:各800円

ミニトート『吾輩』(ナチュラル) ミニトート『吾輩』(ネイビー)

重さ:113g(ナチュラル)/重さ:98g(ネイビー)
梱包時の大きさ:縦23.5cm×横24.0cm×厚さ1.0cm
袋本体:縦20cm×横(開口部)29cm/(底部)19cm、まち10cm
持ち手:2.5cm幅×29cm

内ポケット付きで、キーホルダーなどがつけられるループもついています。

プリントしてあるイメージは、
『吾輩ハ猫デアル』の初版本上編表紙(橋口五葉装丁)からデザインしました。

活版印刷メモ帳「夢十夜」(青)(白) 価格:各500円

活版印刷メモ帳_青  活版印刷メモ帳_白
重さ:74g A6判(縦14.8cm×横10.5cm) 50頁(厚さ0.6cm)

夏目漱石の作品「夢十夜」から引用した言葉を
大正六年創業、新宿区地域文化財の佐々木活字店による活字組版で印刷しました。
各色500部ずつの数量限定販売です。
表紙には以下の文章を初版本に近い、旧字旧仮名遣い総ルビで印刷しました。
(インターネット上では、当用漢字・現代仮名で表示しています)

すると石の下から斜に自分の方へ向いて青い茎が伸びて来た。
見る間に長くなって丁度自分の胸のあたりまで来て留まった。
と思うと、すらりと揺ゆらぐ茎の頂に、心持首を傾けていた細長い一輪の蕾が、ふっくらと弁を開いた。
真白な百合ゆりが鼻の先で骨に徹えるほど匂った。
そこへ遥の上から、ぽたりと露が落ちたので、花は自分の重みでふらふらと動いた。
自分は首を前へ出して冷たい露の滴る、白い花弁に接吻した。
自分が百合から顔を離す拍子に思わず、遠い空を見たら、暁の星がたった一つ瞬いていた。
「百年はもう来ていたんだな」とこの時始めて気がついた。
夏目漱石 「夢十夜」 第一夜 明治四十一年

中のメモ用紙には次の言葉を初版本に近い旧字旧仮名遣いで印刷しました。
(インターネット上では、当用漢字・現代仮名で表示しています)

「百年待っていて下さい」
夏目漱石 「夢十夜」 第一夜 明治四十一年

漱石山房記念館の前庭に植えられているトクサのようなラインがアクセントになっています。

「漱石と猫」オリジナル封筒(3種類×各2枚) 価格:6枚入り 300円


セットの重さ:30g 長形4号(縦22.4cm×横9.5cm×厚さ0.5cm)

「吾輩は猫である」にちなんだオリジナルデザインの封筒です。
別売りの「漱石と猫」一筆箋(300円)と組み合わせれば、
レターセットとしてもお使いいただけます。

オリジナル缶バッジ(直径57mm) 価格:1個100円

缶バッジ:重さ:12g 直径5.7cm×厚さ0.8cm

写真上:缶バッジ 写真下:缶マグネット

オリジナル缶マグネット(直径32mm) 価格:1個100円

缶マグネット:重さ:13g 直径3.2cm×厚さ0.5cm

漱石山房記念館オリジナルデザインの缶バッジと缶マグネットです。
4種類からお好きなものを選んでご購入いただけます。

漱石のことば鉛筆(三菱鉛筆 五角鉛筆HB 2本組) 価格:200円

漱石のことば鉛筆2本組
セットの重さ:10g 縦20.0cm×横2.8cm×厚さ0.8cm

夏目漱石の作品から引用したことばが印刷された鉛筆です。
あずき色と深緑色の2本組。当館のみでの販売です。

  • 夏目漱石『吾輩は猫である』より
    「吾輩は猫である。名前はまだ無い。」
  • 夏目漱石『草枕』より
    「智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。
    意地を通せば窮屈だ。兎角に人の世は住みにくい。」

夏目漱石『吾輩ハ猫デアル』絵はがき 価格:60円

絵葉書「吾輩ハ猫デアル」
夏目漱石『吾輩ハ猫デアル』明治38(1905)年 初版本上編表紙 橋口五葉装丁
重さ:4g はがき(縦14.8cm×横10.5cm×厚さ0.05cm)

漱石作品の挿絵や装丁、漱石山房の原稿用紙、インク壺のデザインも手がけた、
橋口五葉が装丁した『吾輩は猫である』上編の表紙を、絵はがきにしました。
当館のみでの販売です。

夏目漱石「ケーベル先生の告別」原稿 絵はがき 価格:60円

絵葉書「ケーベル先生の告別」原稿
夏目漱石「ケーベル先生の告別」原稿 大正3(1914)年
重さ:4g はがき(縦14.8cm×横10.5cm×厚さ0.5cm)

大正3年8月12日付けの『東京朝日新聞』に発表された
「ケーベル先生の告別」原稿の冒頭部分を絵はがきにしました。
当館のみでの販売です。

岡本一平「夏目漱石先生」絵はがき 価格:60円

絵葉書「夏目漱石先生/岡本一平画」
岡本一平「夏目漱石先生」昭和2(1927)年 肉筆漫画『開国六十年史図絵』より
重さ:4g はがき(縦10.5cm×横14.8cm×厚さ0.05cm)

明治60年を記念して発行された、肉筆漫画『開国六十年史図絵』より
漫画家の岡本一平が描いた「夏目漱石先生」を絵はがきにしました。
当館のみでの販売です。

漱石山房 メモ帳 価格:300円


重さ:70g A6判(縦14.8cm×横10.5cm) 50頁(厚さ0.7cm)

漱石が用いた原稿用紙をもとに、作成されたメモ帳です。
原稿用紙のマス目が10行19字詰になっています。
通常10行20字詰200字のところを、
原稿作成時の『朝日新聞』の1行が19字詰であったため、
それに合わせて作成されました。

「漱石と猫」一筆箋 30枚(10枚×3種) 価格:300円


重さ:42g 一筆箋(縦18.0cm×横8.0cm) 30枚(10枚×3種)(厚さ0.7cm)

「吾輩は猫である」にちなんだオリジナルデザインの一筆箋です。
一筆箋は、表紙と中身のイラストあわせて、3枚の「パラパラマンガ」となっています。

    1. 漱石の机の上ですました様子の猫。
    2. 猫がインク壺をひっくり返し…
    3. 猫は驚き、思わずインクを踏んで動いてしまいました。机の上に広がる猫の足跡…

「漱石と猫」クリアファイル 価格:300円


重さ:30g A4判用(縦30.9cm×横22.0cm×厚さ0.04cm)

「吾輩は猫である。名前はまだ無い。」の書き出しが有名な「吾輩は猫である」。
モデルとなった猫は終生名前をつけられることなく、「猫」と呼ばれて過ごしたそうです。
名前をつけられることはなかった猫ですが、後に福猫と称され、一目置かれる存在となりました。
1908(明治41)年9月13日に死亡した際には、漱石によって「猫の死亡通知」が出されています。
当初は猫嫌いであった鏡子夫人も、月命日の13日には、
一片の鮭の切身と一椀の鰹節ご飯をその墓前へ供えていたというエピソードが残されています。

「夏目漱石」絵はがき 価格:60円


重さ:4g はがき(縦14.8cm×横10.5cm×厚さ0.05cm)

漱石の左腕をご覧ください。黒い腕章が巻かれています。
これは、撮影日が1912(大正元)年9月19日、明治天皇の大葬日の6日後のためだからです。
ちなみに撮影時に着用したこのスーツは、内田百閒が貰いうけ、長らく愛用したそうです。

新宿区グッズ

※表示価格はすべて税込価格です。

漱石山房記念館開館記念切手 価格:1300円

切手シート1枚(82円切手×10枚)
※当館のみでの販売です。
重さ:32g B5版(縦25.6cm×横18.3cm)厚さ0.1cm

漱石山房記念館切手と絵葉書セット 価格:1500円

切手シート1枚(62円切手×5枚、82円切手×5枚)と絵葉書2枚のセット
※当館のみでの販売です。
重さ:32g B5版(縦25.6cm×横18.3cm)厚さ0.1cm

新宿区成立70周年記念誌『新宿彩(いろどり)物語』 価格:1500円


重さ:960g A4版ケース付き(縦30.1cm×横21.6cm)厚さ1.9cm

記念メダル(2種類) 価格:各500円

※当館のみでの販売です。

正面向き
重さ:39g ケース付き(5.0cm四方×厚さ0.9cm)


肘斜め向き
重さ:39g ケース付き(5.0cm四方×厚さ0.9cm)

手ぬぐい 価格:600円


手ぬぐいを広げた時の大きさ(縦91.0cm×横38.0cm)
重さ:42g 縦23.0cm×横13.0cm×厚さ0.6cm

漱石と門下生達の顔が描かれた手ぬぐいです。
この手ぬぐいのために描きおろしたイラストです。

マグネット(2種類) 価格:各150円


津田青楓 画讃 「漱石先生像」
重さ:12g 縦7.8cm×横5.3cm×厚さ0.05cm


漱石の肖像写真(大正元年9月 小川一眞氏撮影)
重さ:12g 縦7.8cm×横5.3cm×厚さ0.05cm

ノート 価格:200円


重さ:120g  A5判(縦21.0cm×横14.7cm)  64頁(厚さ0.5cm)

津田青楓 画「漱石先生読書閑居之図」(大正10年)がデザインされたノートです。

竹しおり(5種類) 価格:各200円


重さ:2g 縦13.4cm×横2.2cm×厚さ0.05cm 竹製

当館所蔵の短冊や写真を掲載したもので、5種類あります。

      1. 「すみれ程な小さき人に生れたし」※完売しました
      2. 「藪陰や飛んで立つ鳥蕎麦の花」※完売しました
      3. 「菊の花硝子戸越に見ゆる哉」※完売しました
      4. 漱石と妻・鏡子の見合い写真※完売しました
      5. 猫の墓写真と猫のイラスト ※完売しました

扇子 価格:3000円


重さ:49g 箱入り(縦24.0cm×横13.8cm×厚さ2.0cm)

漱石自作の五言絶句「高梧能宿露 疎竹不蔵秋 静坐団蒲上 寥寥似在舟」(明治45年)が書かれた扇子です。
当館所蔵資料を元に作成したものです。

漱石の言葉 日めくりカレンダー 価格:1200円

 
重さ:94g 縦15.8cm×横13.0cm×厚さ0.5cm (広げた際の奥行き7.0cm)17枚つづり33頁

1日から31日まで毎日一つずつ漱石の言葉を日めくりで味わう卓上カレンダーです。
このカレンダーで取り上げた言葉は、
漱石山房記念館の2階「漱石の言葉」で展示しているものに新たな言葉を加えたものです。

曜日は入っていませんので、来年、再来年もずっとお使いいただけます。

県立神奈川近代文学館グッズ

※表示価格はすべて税込価格です。

神奈川近代文学館で製作された、漱石に関するグッズも取り扱っております。
書籍の美しい装丁を活かした「チケットホルダー」や
猫の絵がかわいらしい「ブックカバー」などを販売しています。

チケットホルダー『四篇』『虞美人草』 価格:各450円

重さ:18g 縦22.0cm×横11.0cm×厚さ0.04cm

トートバッグ『吾輩ハ猫デアル』 価格:2600円

重さ:84g 袋部分縦34.5cm×横33.5cm まち10.0cm

ブックカバー『吾輩ハ猫デアル』 価格:1100円

重さ:17g 縦16.0cm×23.4cm(文庫本用)

一筆箋『吾輩ハ猫デアル』24枚(4枚×6種) 価格:600円

重さ:44g 12.0cm四方×厚さ0.5cm

ふせん『吾輩ハ猫デアル』20枚×3種 価格:500円

重さ:12g カバー付き(7.6cm四方×厚さ0.3cm)

漱石クリアファイル 価格:350円

重さ:16g A5判用(縦22.0cm×横15.3cm×厚さ0.04cm)

『吾輩ハ猫デアル』マスキングテープ 価格:400円

重さ:14g 直径4.5cm×厚さ1.5cm(1巻:1.5cm×10m)

漱石山房原稿用箋(1行19字詰×10行、25枚入) 価格:350円

重さ:150g B5判(縦25.7cm×縦18.2cm×厚さ0.4cm)

一筆箋『吾輩は猫である』(橋口五葉・画) 価格:300円

重さ:42g 一筆箋(縦18.0cm×横8.0cm) 30枚(厚さ0.7cm)

漱石落款クリアファイル 価格:250円

重さ:28g A4判用(縦31.0cm×横22.0cm×厚さ0.04cm)

        
ふせん      マスキングテープ       一筆箋『吾輩ハ猫デアル』

Tシャツ 自在株式会社

※表示価格はすべて税込価格です。

Natsume Soseki’s Thursday Study Club Band 価格:3050円


色:黒
サイズ:XS・S・M・L・XL

夏目漱石の弟子達の集まりである「木曜会」のメンバーを、ビートルズ風のイラストで描いたTシャツです。

SOSEKI SANBOU 価格:3050円


色:ベージュ
サイズ:XS・S・M・L・XL

こちらのTシャツは、漱石山房で使われていた原稿用紙をモチーフにしています。
ベージュの地に緑のプリント色で、原稿用紙の風合いを表現しています。

新潮社グッズ

※表示価格はすべて税込価格です。

漱石絵はがきセット(6枚組) 価格:1320円


重さ:28g はがき(縦14.0cm×横9.0cm)厚さ0.2cm

夏目漱石の描いた絵葉書の複製です。
絵葉書は熊本の五高時代の教え子である田口俊一に描いたもので、
2017年、新潮社関係者宅で発見されました。
自画像や、西洋婦人などが描かれた水彩画の6枚セットです。

香日ゆら オリジナルグッズ

※表示価格はすべて税込価格です。

香日ゆら「漱石作品湯呑」 価格:1300円

香日ゆら「漱石作品湯呑」
素材:陶器
大きさ:直径約6.5cm、高さ約9.0cm
重さ:240g ※郵送販売はしておりません。

『先生と僕 夏目漱石を囲む人々』『漱石とはずがたり』『夏目漱石解体全書』など、
夏目漱石や弟子をモチーフとした作品を描く漫画家 香日ゆら(こうひ ゆら)さんによる、
夏目漱石の執筆作品名を原稿用紙にずらりと並べたデザインの湯呑です。

夏目漱石に関する書籍

※表示価格はすべて税込価格です。
※メンバーズ倶楽部会員の割引はありません。

『漱石の記憶 夏目漱石生誕150年 没後100年 2016・2017夏目漱石記念年』 価格:2000円


発行・編集:夏目漱石記念年100人委員会(委員長・小野友道)
製作・発売:熊日出版
発行年:2018年
重さ:560g  B5判(縦25.7cm×横18.2cm) 200頁(厚さ1.2cm)

明治29(1896)年、漱石が第五高等学校講師として赴任したり、
「草枕」や「二百十日」の舞台としてもゆかりのある熊本県を中心に、
漱石生誕150年、来熊120年、没後100年を記念して行われた事業、
「2016・2017 夏目漱石記念年」の記念誌。

新潮文庫

  • 『吾輩は猫である』
  • 『坊っちゃん』
  • 『草枕』
  • 『文鳥・夢十夜』
  • 『三四郎』
  • 『それから』
  • 『こころ』
  • 『道草』
  • 『明暗』
  • 『硝子戸の中』
  • 『門』
  • 『行人』
  • 『彼岸過迄』

岩波文庫

  • 『吾輩は猫である』
  • 『坊っちゃん』
  • 『草枕』
  • 『夢十夜 他二篇』(文鳥併収)
  • 『三四郎』
  • 『それから』
  • 『こころ』
  • 『道草』
  • 『明暗』
  • 『硝子戸の中』
  • 『門』
  • 『行人』
  • 『彼岸過迄』
  • 『漱石書簡集』
  • 『漱石日記』
  • 『漱石俳句集』
  • 『漱石紀行文集』

講談社

  • 青い鳥文庫『坊っちゃん 新装版』
  • 青い鳥文庫『吾輩は猫である 上 新装版』
  • 青い鳥文庫『吾輩は猫である 下 新装版』
  • 21世紀版・少年少女日本文学館『坊っちゃん』

漱石山房記念館ミュージアムショップ

営業時間:午前10時~午後5時30分まで
休業日:漱石山房記念館の休館日に準じます
問い合わせ先:03-3205-0209(漱石山房記念館)

郵送によるご購入については以下のページをご覧ください。
⇒「郵送によるご購入のご案内」

Posted in 未分類 | ミュージアムショップ【編集用】 はコメントを受け付けていません。
TOP