1.   >  

吾輩ブログ 一覧

  • 「駅社員がおススメの銭湯と沿線スポット巡りスタンプラリー」を実施中

    山道を登りながら、こう考えた。
    智に働けば角が立つ。
    情に掉させば流される。
    意地を通せば窮屈だ。
    とかくに人の世は住みにくい

    この書き出しで有名な夏目漱石の作品「草枕」は、温泉が舞台となります。
    ちょうど良い湯加減の湯船につかると、思わず声が出るくらい幸せな気分になりますね。

    ただいま、東京地下鉄株式会社(東京メトロ)では、
    東西線落合駅から飯田橋駅間にて、
    東京メトロ駅社員がおススメの銭湯・沿線スポットを紹介し、
    東西線沿線の新たな魅力をお伝えする、
    まだ見ぬ東西線の旅!~落合から飯田橋~
    「駅社員がおススメの銭湯と沿線スポット巡りスタンプラリー」
    2019年7月21日(日)まで実施中です。

    当館(漱石山房記念館)は、スタンプラリー達成賞の交換所です。
    スタンプラリー達成賞として、東京メトロオリジナル手ぬぐいを、先着5,000名様にお渡ししています。
    達成賞交換期限は、2019年7月23日(火)までです。

     

    テーマ:イベント    
  • 漱石公園のアジサイが見頃です

    漱石山房記念館に隣接している漱石公園のアジサイが見頃をむかえています。
    猫塚のうしろに白と青と紫の3種類の色のアジサイが咲いているほか、
    公園の入り口付近にはガクアジサイもあります。
    雨の日は漱石山房記念館の地下1階にある多目的スペースからも、
    ガラス越しに鮮やかなアジサイをご覧いただけます。

    アジサイ

    ガクアジサイ

    漱石公園の入り口では、バショウが花をつけています。
    2メートルを超えるほど高くのびて、力強く葉を広げているバショウの姿は、
    漱石山房記念館内に再現されたベランダ式回廊からもご覧いただけます。
    青々とした初夏の庭の景色をお楽しみください。

    バショウの花

    バショウ

    テーマ:お知らせ    
TOP