1.   >  
  2.   >  ボランティアレポート2 猫の墓

ボランティアレポート2 猫の墓

漱石山房記念館では、ボランティアガイドが
漱石の書斎の再現展示室の展示解説を行っていましたが、
現在は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、休止しています。
そこで、この吾輩ブログでは
ボランティアガイドによるレポートをお届けしてまいります。

11年飼っていた猫が8月末に亡くなりました。
突然、具合が悪くなったのではありません。
1年前、猫は後足に血栓ができ危うく命を落とすところだったのです。
その後何とか生き延びましたが、今年の暑い夏は越せませんでした。
私は昨年の4月に、漱石山房のボランティアになりました。
猫が1年前倒れたとき、漱石の猫の墓のことが頭に浮かびました。
そして漱石が詠んだ俳句のことも。
此の下に稲妻起こる宵あらん
和田利男「漱石の鳥獣悼亡句」(『漱石の詩と俳句』めるくまーる社、1974年)によると、
「明治41年9月、例の『吾輩は猫である』のモデルにされた猫が死んだ。
この句はその猫の墓標に漱石が書いてやったものである。
『永日小品』の中に「猫の墓」という一章があり、
「早稲田へ移つてから、猫が段々瘠せて来た。」という書き出しで、
しだいに弱って行って遂に死に至るまでの容態がくわしく描写されている(中略)
「稲妻」はこの句の季語になっているが、
実は夜空の電光そのものをいっているのではなく、
ここでは猫の目の光の比喩として用いたものである」
とあります。
この句について和田氏はさらに
「滅びゆく生命の火花を双の目にともした猫の最期の憐れさが、
漱石の眸裡にいつまでも焼きついていたに違いない。」
としています。
また、大正3(1914)年に漱石は
ちらちらと陽炎立たちぬ猫の塚
と詠んでいます。
「此の下に」の句から6年余の歳月が流れていますが、
漱石が生死の境を彷徨した修善寺の大患もその間にありました。

猫の墓

私の話にもどります。
猫が1年前、生死の境をさまよっている頃、
私も漱石のように猫が亡くなったら俳句を作ってみようかと思いました。
しかし頭に浮かびませんでした。
ちょうど書道教室に通い始めた頃でしたので、
かわりに猫を詠んだこの2句を書いてみることにしました。
その後1年間、猫は家の近くの犬猫病院に通院し、
この夏再び入院することになりました。
するとすぐに病院から呼ばれ、駆けつけましたが間に合いませんでした。
亡くなった亡骸を、タオルケットに包み、両手で抱いて病院を出ました。
まだ温かく生きているようでした。
しかし妙に重く感じました。
そういえば今までこんなに長く抱いたことがなかったことに気づきました。
猫は抱かれるのが好きではなかったのです。
人間と同じように四十九日後、両親がねむる墓の中に入れました。
子猫のときから世話をした妻には、
漱石山房で買った猫のコーヒーカップを贈ることにしました。

注1:現在、漱石山房記念館に隣接する漱石公園にある猫の墓(猫塚)は、
『吾輩は猫である』のモデルとなった猫の十三回忌にあたる大正9(1920)年に、
夏目家で飼われた生き物たちを供養するため、
漱石の長女・筆子の夫・松岡譲が造らせたものが、
昭和20(1945)年に空襲で損壊し、
その残欠を利用して昭和28(1948)年に再興されたものです。

(漱石山房記念館ボランティア:松本民司)

テーマ:その他    2020年10月20日
TOP